2004年11月15日

うちのご飯 - 桜子

桜子@バンコクです。

やっぱり理想は、【家庭の味】です。が、理想と現実はギャップが付き物でして….。【我が家の一日】でも分かる様に、私の料理の腕は週末でしか磨かれない状態(笑)。買出しは週末にまとめて、近くのスーパーへ。日系のスーパーも充実しているけど、昨今日本食ブームで食材はタイ系スーパーでも揃ったりする。

基本的に、和食が食べたい時は私担当。タイ食が食べたい時は彼担当(作るか屋台で買ってくる)。野菜・煮物系大好きの私。肉好きの彼。(ちょっと一言@:タイ人は、じゃがいも、かぼちゃ、里芋の様なホクホクした物はあまり食べないし、野菜の摂取量もかなり少ない。牛肉こそあまり食さないが、実は豚肉、鶏肉、アヒルの肉をこよなく愛す肉食派)和食は茶碗にお箸(彼は別)で、タイ食は平たい丸皿にスプーンとフォークで。(A:昔は手づかみだったけど、ラーマ4世(モンクット王:「王様と私」のモデル)と5世(チュラロンコーン王)が西洋文化を取り入れて文明開化?右手にスプーン・左手にフォークを持ち、スプーンに中にフォークでご飯を寄せて大口開けてパックン。日本の子供はお箸から躾が始まるけど、タイの子供は楽でいいねっ。)飲み物は、私は水かお茶かフルーツジュースで、彼もフルーツジュース若しくは炭酸飲料かビール。(B:タイ人は欧米人と同じくらいコーラを消費する。暑いから特にシュワっとする炭酸飲料を欲するのだろう。悲しいかなcarbonated waterは輸入品で高すぎて一般的に出回っていない!! 最近の私のお気に入りジュースは、ピンクのグアバジュースなのだ。)食後は果物。安くて美味しい果物が溢れてる:果物の王様ドリアン。果物の女王様マンゴスチン、マンゴー、ライチ(冷やして食べると美味しさ倍増!!!)、ソムオー(グレープフルーツの甘い版)、サリー(タイの梨:甘さ少なめ)等々。幸せ〜。(C:1年中暑いけど、ちゃんとそれぞれ季節があるんですョ。)

暑くて食材が痛みやすいから全ての物に火を通すのがタイの食習慣。油で炒めるのが主流。(結構カロリー高いんだな、これが。)残り物はさっさと捨てちゃうし、ね。食べ物は豊富でいつでも手に入るし、すぐ痛むから、取って置く必要なし。お米は八十八人の手を介して食卓に上がるのだから、有り難く残さず食べようっていう概念は、無いみたい。タイのお百姓さん、ごめんなさい….。そ〜いえば、タイでは『いただきます。』『ご馳走様。』の掛け声も無いなぁ。

引っかかるのは、<私作る、私片付る。彼作る、私片付る。>という方程式の謎。とにかくせっせとお片づけしないと、暑いから腐りやすいし、甘い臭いに誘われてどこからともなく現れて行列作る蟻さん達。皿洗い機なんていう素敵な物は、タイでの存在は皆無に近いんです(泣)。

実際問題、大人2(+幼子1)だと、屋台で買って来た方が材料買って作るよりも安いの。こういう食生活に慣れ親しんでいる彼は、私にただの一度も『ご飯を作れっ』なんて命じた事はないのよね。つわりで苦しんでいる時やakoが生まれてからというもの、どんなに精神的に助けられたか。たまに罪悪感を感じ、『作るよ』っていっても『いいよ、買ってくるから』って。そうやって、甘やかされ続けている私なのです。

でも、『ローマは一日にて成らず』って、理想とする【家庭の味】は今日明日には完成しない。一日一日の積み重ねです。目標は、(モチさんの様に) 『ママのご飯が一番!』ってakoに云ってもらえる事。地道に頑張ろう♪っと決意する桜子でした。
posted by 7人のママ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | うちのご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月12日

うちのご飯 - 彩乃

彩乃@シカゴです。

我が家は娘1を除いて本当〜〜〜に食べる事が好きです。
食事は健康な生活の基本なので、なるべくちょこちょこ動いていろいろ出すようにしています。
夫は好き嫌いが殆ど無いのでとても楽。父が何でも手作り派で出来合いのものを出すととたんに機嫌が悪くなるような人だったので、結婚相手は好き嫌い無く何でも沢山食べる人が良いなと思っていましたが、夫は正にその理想通り。特に貧乏育ちなので、食べ物を残さない、けちをつけない、という面では徹底しています。(まあまずいと言わなくてもあまり美味しくない時はテキメンに食べる量が減るのですぐわかりますが...(笑))

家事は完璧に折半ですが、料理は私がほぼ100%担当(その分夫は掃除をほぼ100%担当(笑))
心がけている事は下記の10点です。

1.品数は3品以上。ワンプレートディッシュは夕飯にはなるべくしない。
夫も私も酒飲みなので、ワンプレートディッシュだとお腹が一杯になってしまい楽しくない&太るのと、子供に色々な味を体験して欲しいので、これはなるべく避けています。夫の実家も私の実家も昔ながらの父親が晩酌をはじめてからもちょこちょこおかずが増えて、母親が食卓に着く頃にはすごい沢山の品数が揃うような家だったので、ワンプレートディッシュだとちょっと寂しくなっちゃうってのもあります。
子供も3品あればどれかしら食べられるだろうし(まあどれも食べなくても気にしませんが(笑))というのもあります。

2.化学調味料は「なるべく」使わない
これも「絶対」使わないにしてしまうと続かないので「なるべく」にしています。親はどうでも良いのですが、子供の味覚を早いうちから破壊したくないのと、化学調味料の安全性についての情報を読んでから怖くなったので、気をつけています。わざわざ私が使わなくても、アジア風の食事をしようと思うと大抵のものに入ってしまっているので、せめて家庭のご飯では気をつけようと思っています。
コンソメ、ほんだし、鶏がらスープの元はありますが、味の素、ウェイパーは買わないようにしています。大体週末に出汁を引いて冷凍しておけば、その週は化学調味料フリーで過ごせます。

3.ご飯は晩御飯―朝ご飯で食べ切る
ご飯がまずいと楽しくないので、とにかく朝で食べきるようにしています。朝で食べきらなかったら私がお昼に家に戻って昼ご飯で食べ切ります。でも今は大体2合炊けば翌朝で完食です。(夫は夕飯の時に殆どご飯を食べないので)

4.食材を捨てない
これは難しいのですが、とにかく買い物する時に気をつけて、なるべく捨てないようにしています。私の実家は農業も営んでいたので、食材を捨てる事には非常に罪悪感があります。それでも大根の葉まで完璧に使い切る!なんてところまで頑張ると続かないので、大体使い切ればよいかということにしちゃいます。

5.家族全員同じ物を食べる
子供に合わせてオムライスとかクリームパスタなんてものを作る時はありますが、そういう時は親もそれを食べます。基本は家族全員同じご飯。ただ極端に塩辛いもの、辛いものなんかは親だけ食べる事もあります。その為の「3品以上」なんです。私の実家が常に父にだけお刺身が付いたり、と父だけ特別だったのが子供心にも非常に悔しかったので(笑)我が家は全員同じを基本にしています。

6.面倒な時は諦める(笑)
週末忙しかったりして、準備が十分じゃないとその週はもうぼろぼろです(笑)そういう週は諦めて「さぼり週間」にしちゃいます。幸いミツワが車で5分、良心的な中華やお弁当の店が近くにあるので、その辺で買ってきたり外食しちゃったり。何事も頑張りすぎないのが一番かなと。

7.冷凍は極力しない。冷凍食品は買わない
ウチは日本の食材が簡単に手に入る所に住んでいるので、買い置きはなるべくしないようにしています。普通の食材も確かに大量買いして冷凍すれば安上がりだけど、家庭用冷凍庫で冷凍すれば栄養価が落ちるものが殆どなので、なるべくしないようにしています。
またアメリカではマイクロウェーブディナーと呼ばれるチンしてすぐ食べられる冷凍物が沢山ありますが....う〜ん、こういうのって食事と呼べるのかなぁと思っちゃうんだよね。ただの「栄養補給」というかビタミン剤飲んでいるのと変わらないと言うか。
前に付き合っていたアメリカ人の彼の家に初めて招待された時にこれをご馳走されたと言う事もあってちょっとトラウマになっています(笑)
おいしいものももちろんあるのでしょうけれど、私にとってこれは「食事」ではないのです。
あ、でもトレーダージョーズなんかで売っている、中身を混ぜて炒めるとか、開けて何か一手間掛ける物はぎりぎりOKという事で非常食用にいくつか冷凍庫に入っています。

8.食事はテレビ無しで
食事の時はテレビは消すようにしています。家族揃ってご飯の時間は、話しながら食べたいし。例外としてニュースはOK。
でもテレビを消しても私も夫もどうも漫画読んだり新聞読んだりしがちなので、それはこれから直すようにしなくては!と反省点です。

9.残り物は食べ尽くす
これは基本中の基本。アメリカ人って何故か残り物嫌う人が多いんだよね。何でだろう?食べ物は感謝して食べる物なので、残して捨てるなんて言語道断。ただ同じモノを来る日も来る日も食べるのは確かにしんどいので、ちょっと変えて出すようにしています。でもまあ食いしん坊の我が家では、大抵次の日の朝で完食しちゃいますが。

10.片付けは全員で
洗い物は私か夫かディッシュウォッシャーがやりますが、自分の食べた食器は自分で台所まで下げる、これが基本です。1歳児も例外ではありません。

もちろん、毎日3品作るのは難しいので、我が家には常備おかずとして、きんぴらや切干大根の煮た物、煮豆数種類、野菜の炊き合わせ、ミネストローネスープ、ポテトサラダ、サラスパなんかがあります。これらは週末や暇な時に調理して、金曜日までに食べきるようにしています。
それと電子レンジで15分程度でできる小さいおかずのレシピをこれまた沢山集めていて、大体食卓が整った所でこれで品数を増やしたりもします。

お料理の本は色々持っていますが、一番役に立ったのが栗原はるみ氏のたれ・ソースの本というもの。氏のレシピには化学調味料が大量に使われているので、いつも少しアレンジして使っているけれど、作り置きのたれやソースのアイディアをこの本からもらってから、ずいぶん毎日の食卓の準備が楽になりました。
我が家は日本人家族なので、料理も日本食が基本です。でもたまに私の大好きなタイ料理や韓国料理が出る事もあります。滅多に無いのは夕飯にサンドイッチとか丼物、ピザやホットドックかな。これらは私や夫の中では「休日のお昼」という位置付けなので(笑)夕飯に出る事はほぼありません。
あとはNanny(乳母)が夕飯を作ってくれたりするのですが、多いのがチキンのシチューのような煮物、これは絶品なので、いつも鍋一杯に作ってもらって、2日ぐらい食べています。

...とまあ偉そうな事を書きましたが、こんなに色々やるようになったのも、子供が産まれてからだからここ数年です。要するに自炊でも外食でも美味しい物が食べられれば何でも良いのです。
幸いウチの近所は美味しいお菓子は簡単に手に入るので、お菓子の手作りは滅多にしません。手作りのお菓子を食べさせてあげたいのだけれど、1回作ると大量に出来ちゃうし、夫は甘い物を食べないし私は大好きなので、手作りすると私が太るだけということもあります。
子供が産まれる前は週の半分ぐらいは外食してたかな〜行きつけの日本食屋が5軒ぐらいあって、それをぐるぐる回っていましたが、今は子供が小さいのでそれも無理!外食は気を使って全く楽しくないので、本当に行かなくなりました。
毎日毎日の食事の支度は面倒だけど、「家のご飯が一番美味しい」という夫の言葉を胸に日々「適当」に努力しています。
posted by 7人のママ at 07:08| Comment(3) | TrackBack(0) | うちのご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

うちのご飯 - popo

我が家のご飯については頻繁に個人のブログのほうで公開していますので
そちらを見ていただければイメージがわくかと思います。

主人はアメリカ人ですが日本食が大好きで何でも食べられるし
私も基本的に「アメリカ料理!」というレシピのレパートリーが少ない、、ということで
うちのご飯は多分日本でみなさんが食べられているものと
それほど変わらないのではないかな、と思います。

とはいってもここでは手に入らなかったり高価すぎたりする
日本食材もおおいので日本で食べていたものそのまま、、というわけには
なかなか行きませんが、、
(おいしい魚介類が恋しい!)
でも幸い街には一軒だけ日系スーパーがあるし、たいていのものは
韓国系や中国系のスーパーでも手に入ったりするので
まだ恵まれているほうではないでしょうか。

たいへんなのはすべてを一件のお店でまかなえないこと。
例えば醤油は日系マーケット、しいたけは中国系、にらは韓国系、、
そしてミルクなどは一般のアメリカのマーケット、、と何軒も回ることになり、
これをしていると週末なんて一日買い物で終わってしまったりします。
そういうわけですから何かを買い忘れたりすると「ちょっとそこまで買い足しに、、」という
ことが出来ず、ほんとに困ってしまいます。

ここではおいしい日本食は外ではなかなか食べられないので
家で食べるのが一番。
おかげで色々手作りするようになりました。
とくにお菓子類。。おいしいものが売っていないので
ケーキを焼いたり、イチゴ大福なんかも作ったり。。。
日本にいたら絶対にしていなかっただろうと思うようなことも
食べたいという情熱に駆られてやってしまうのですね。(笑)
まぁこれはこれで楽しかったりします。

アメリカでうれしいのは世界中の食材がなんでも手に入るし、
また比較的安いこと。
アジアの調味料などは日本で買うと高いですが
ここではものすごく安いですし、地中海料理、インド料理、、その他色々も
本場のものが手頃な値段で手に入ります。
なので色々な料理に気軽に挑戦することが出来て
料理好きにはとても楽しいのではないかな。

というわけで私も色々な国の料理にトライしてみたい、といつも思っているのですが
見知らぬ料理はどうしてもとっつきにくいので作るのにはそれなりの心構えが必要。
育児に追われてなかなかその余裕がない私は
結局いつも日本的なものに落ち着いてしまう、という日が続いています。

でも今は子供たちに日本の味を覚えてもらうのが
一番の目標なのでそれでよいのかもしれませんね。
彼らがもう少し大きくなったら、どんどん色々な料理にトライして
家族を驚かせて見たいなぁというのが私のささやかな夢です。
posted by 7人のママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うちのご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

うちのご飯 - モチ

モチ@ロサンゼルスです。

テネシー州に住んでいた頃は、自分が作らないと和食を口に出来なかったので(日本食レストランはあったが、何時も外食ばかりしていられないので)、結構マメにごはんを作っていました。でも、ロスは、日本食レストランに限らず、あらゆる国のあらゆる食べ物のレストランが乱立していて、競争が激しいので、美味しいごはんが安く食べられるため、外食率が高くなってしまいました。また、外食をする理由(単なるいい訳とも言う)として、娘には小さな頃から色々な味を経験させて、色々な物を食べれる大人になって欲しいと思っている、ということも挙げられます。

さて、ガーバー等の市販のベビーフードはほとんど食べさせず、離乳食としてすり潰したおかゆやうどんや野菜を与えていたのがよかったのか、娘はどちらかと言うと和食派で、お野菜もモリモリ食べます。そして、他人さまの作ったごはんには文句を言わず、絶対に「不味い」という言葉を口に出さないので(代わりに「好きじゃない」と言う)、娘の存在は、ごはんを作る上でいい張り合いになります。

家でごはんを食べる時は、私が仕事から帰って来てからごはんの仕度をするので、我が家のごはんはいたって簡単、っつうか手抜きです。基本的にごはん、肉あるいは魚、野菜、麦茶と質素です。これに果物がついたり、もう一品小さなおかずがついたり、デザートがついたりしますが。

出番の多いおかずは、焼肉、ステーキ(しょうゆでいただく)、チキン(塩を振って焼くだけ)、鯖、鯵、ブリ(照り焼き)、鮭等ですが、和風に調理していただくことが多いです。たまに突然、南部時代を思い出し、コーンブレッドやカラードグリーンなんて作ったり、なんちゃってカルネアサダ(メキシコ風ビーフステーキ)を作ったりします。昔は土鍋で自己流スンドゥフを作ってみたり、ホットプレートでお好み焼きを焼いてみたりしましたが、最近ではそんな気力はありません。

娘はアメリカンな食事ももちろん大好きなので、冷凍のピザやラザニアも常備されています。他に何もない時はこういうもので簡単に済ませてしまいます。こういう時の付け合せはこれまた冷凍のフライドポテトでしょうか。冷凍食品は働く母の強い味方ですが、ピザとラザニア以外、冷凍食品はあまり口にしません。アメリカでは冷凍食品の種類があまりに多くて、何が美味しいのか分からないのです。何かお勧めがありましたら教えて下さい(>アメリカ在住の方)。

外食をする時は、韓国焼肉、スンドゥフ、ベトナム、タイ、キューバ、インドネシア、アメリカン、メキシカン、ペルー、ペルシャ、エチオピア、ネパール・チベット、日本の定食屋、居酒屋、焼き鳥屋、蕎麦屋など色々な国のごはんを食べに行きます。ファースフード(マクドナルドやKFC)も実は好きです。ロスには吉野家もあるので、仕事帰りにドライブスルーで牛丼を買って来て済ませることもあります。しかし、娘は「おうちのごはんが一番!」と言ってくれるので、もっとごはんをしっかり作らなくちゃなと、母は反省しております。
posted by 7人のママ at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | うちのご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月09日

うちのご飯 - ちょこ

ちょこ@メリーランドです。

我が家は夫も私も食べることが好きです。私は好みがはっきりしているので自分の味にしたいと思うことが多くてそれで必然的に料理をします。食いしん坊なのです。でも手抜きは得意です。

我が家の夫は何でも食べてくれるし、日本食は大好きです。残り物(leftover)を食べるのも嫌がらないので、基本的には多めに作って何回か食べられるようにしておきます。食卓が残り物ばかりというのは日常茶飯事です。

朝ご飯
朝ご飯はばらばらに食べます。
・子供たちは冷凍のワッフルまたはベーグルです。ベーグルは Panera Bread のをいつも用意しておきます。子供たちはチーズのベーグルも甘いベーグルも両方好きです。
・私も職場でベーグルなどを食べることが多いです。
・夫は炭水化物を控えているので、時間があると自分でオムレツを作ったりしています。基本的には職場の近くのデリで食べることが多いようです。

週末の時間のある時にはパンケーキを焼いたりします。多めに焼いて冷凍しておきます。

昼ご飯
・長男はランチを持っていきます。(サンドイッチと牛乳、フルーツ)
・次男はスクールで給食がでます。
・私は残り物のお弁当を持っていきます。
・夫はのランチは謎です。

夜ご飯
・我が家の食事は和洋折衷です。まだ次男が2歳なので家に帰ってからじっくり料理をする余裕がなかなかないので、ご飯と肉(または魚)と野菜だけの簡単な場合が多いです。

・例えば鶏肉の味付けは和風の照り焼きにしたり、白ワイン(ブランデーとかウォッカの場合もあり)と生クリームを入れたソースにしたりいろいろです。お肉をたれにつけておいて焼くというのもよくします。

・スパゲティミートソース、popoさんおすすめの クリームバジルペストパスタなどもよく作ります。ミートソースなどは必ず多めに作って冷凍します。

・揚げ物は週末に時々します。とんかつ、から揚げなどですが、まだまだ修行が足りません。Deep Fryerが欲しいなあ。

・スープは野菜をたくさん入れられるのでよく作ります。野菜をチキンストックで煮て半分はカレーにして半分はチャウダーというパターンが多いです。

・野菜(いんげん、ブロッコリなど)は簡単に蒸すだけの場合が多いです。主菜のソース・たれで一緒に食べたりします。ほうれん草などはよく煮付けてしまいます。

・冷凍食品でよく利用するもの: コロッケ

お料理の本、レシピ、レパートリー
・アメリカに来てからオーブン料理を覚えたいなあと思っていたのですが、ひとつ開拓したものにClay Potというのがあります。テラコタでできているオーブン用の器で、15分水につけて水を吸い込ませ、そこに肉、魚、野菜などを調味料と一緒に入れて焼くのです。Potからの水分が出るので蒸し焼き風になってお肉もいつもジューシーに仕上がります。失敗が少ないです。
Clay Pot用のとてもよい料理の本(Clay Cookery)があるので、鶏肉、豚肉、牛肉、魚、野菜といろいろな味のお料理が楽しめます。土日にClay Potを使って多めに何かを作っておくと楽です。
Clay PotとClay Cookery (本)の写真はここ

・このごろ時間がなくてあんまり見られないのですが、Food Networkからもよくお料理のヒントをもらいます。よく見るのは以下の番組です。(順不同)
30 minute Meals(Rachel Ray)
Sara’s Secret
Paula’s Home Cooking
Barefoot Contessa (Ina Garten)
From Martha’s Kitchen(今はお休み中)

Food Networkのウェブサイトは こちら

・お気に入りレシピをアップしています。興味のある方は こちらからどうぞ。
posted by 7人のママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うちのご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月08日

うちのご飯 - kanani うちのご飯-kanani

こんにちわ〜 kanani@ハワイです。


うちのご飯・・・・・・。
うちには冷蔵庫が2つあるんです。
1つはキッチンに家族が必要とするもの&夫の使うもの。
すなわち、アメリカな食材や調味料、飲み物、などを入れる冷蔵庫。
そして、ラナイ(ベランダ)にもう一つ。
通称、JAPAN冷蔵庫(笑)
こちらには私が使う日本人仕様の食材や調味料、飲み物、なんかが入っているの。

私って常に冷蔵庫にあらゆる調味料、、、っていうのか?
すき焼きのたれとか焼き肉のたれ、チューブの練りもの系、などの
常備してるのがかなり多いのね。
それにマヨネーズ1つにしたって夫はアメリカのベストフードのマヨネーズ派だし
私はモチロン!日本のマヨネーズ派だもん。マーガリンだって、酢だって、
しょうゆだって、お互いにひいきなのが違うときてる。(笑)
それぞれを1つの冷蔵庫になんて収まるわけがなく、、、よって2つの冷蔵庫を
使い分けるハメになったの。

醤油ひとつにしたってやっぱりキッ○ーマンやヤマ○しょうゆの方が断然美味しい。
ハワイブランドのアロハ醤油じゃ、、、やっぱりなんか仕上がりが違うし。。。

そして、我が家のごはん。
基本的に夫と私は別メニューの食事を食べています。
夫は日本の食べ物はなんでも食べれるけれど、それが毎日ではやっぱり、、、、ねぇ?
私も同じくで毎日を夫にあわせて欧米食は、、、、、、イヤ。(笑)
なのでお互いがそれぞれ食べたいものをそれぞれに調理して食べているのです。

時には「今からそっちは何作るの?」と聞いて
相手が作るものを食べたい気分♪の時なんかは相手の作ったものを一緒に食べるしね。
HOKUとKALANIはそんな両親が作るものを上手に食べ分けてるよ(笑)

朝食はだいたい典型的なハワイ朝食が多いかな。
焼いたスパムにスクランブルエッグ、そしてご飯
(ハワイの人はご飯にたっぷりのアロハ醤油をかける人が多いです)
またはイングリッシュマフィンかな。

余談ですがハワイではスパムの需要はアメリカのどこの州よりも多いんですって。
アメリカ本土の人達はスパムは中流以下の人たちが食べるもの、、、、、って
イメージらしくハワイでこんなにも人気もののスパムだけどあまりいいイメージでは
ないそうですね。ちなみにうちの息子たちはハワイ名物?スパムむすびが
大好物!完璧なローカルボーイです(笑)

だんでこんなにハワイでスパムが人気者になったかはまた機会があったら
お話しようかなー?

ハワイにはありがたいことにダイエーがあるので日本の食材が簡単に手に入り
日本にいるのと変わらない食生活が可能なんです。
お値段は多少高いけれどそれでも日本で食べるようなパリッ!っとした歯ごたえの
ウィンナーソーセージが食べれたりするのは嬉しい♪

週末はコミカレでクッキングコースを出た夫がディナーの支度をしてくれるので
典型的なアメリカ料理?も堪能していたりします。

なんだか今回のお題の  うちのご飯 とは少しずれた内容になっちゃったけれど
今回はここらで失礼します〜

(いかにお料理していないか、、、、バレバレですねっ<苦笑>)
posted by 7人のママ at 17:47| Comment(2) | TrackBack(0) | うちのご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。