2004年11月29日

お勧めこの国の知育おもちゃ - ちょこ

ちょこ@メリーランドです。

「知育おもちゃ」より少し枠を広げて我が家の子供たち(2歳と5歳)が思う存分使って、もとをとったと確信している赤ちゃん用品・おもちゃを紹介しますね。

Play Mat

activitygymいろいろな種類がでています。長男も次男もここに寝かせておくとおもちゃをじっと見つめたり、手にとったりして長い間遊んでいました。ただ見つめたり、さわっているだけでも脳の刺激になっているのでしょうね。
日本ではこんなところで手に入るようです。





バウンシーシート

bouncyseatこれはかなり早い時期から6ヶ月ぐらいまで使いました。赤ちゃんが動くとひとりでにシートがゆらゆら動きます。おもちゃが目の前についているので、それを眺めたりつかんだりして喜んで長い時間すわっていました。機嫌がわるくなるとゆすってやればOK。夕食の準備のときなど、本当に助かりました。バイブレーターもついています。
こちらはここで見かけました。

このいすを床に置くと子供が可哀想と思ったアメリカ人のお母さんが、いすごとテーブルの上に置いてしまったことがあったそうです。(自分の目の高さに赤ちゃんを置きたかったらしい。) そして赤ちゃんが動いた拍子にいすがゆれてテーブルから落ちてしまい、赤ちゃんが大怪我をしたのです。赤ちゃんは床に置かれても十分ハッピーです。気をつけましょう。

エンターテイメントセンター

activitycenterこれは6、7ヶ月くらいから歩きはじめるまで使いました。いろいろな種類が出ていますが、うちのはGraco社のでした。中のいすが回るようになっていて、周りにたくさん面白いおもちゃがついているのです。最初のうちはおもちゃを舐めるばかりでしたが、だんだん使い方がわかってきて音を出したり動かしたりできるようになってきました。
上のバウンシーシートと同様、これも”must have” アイテムだと思いました。



Cozy Coupe(車)

cozycoupeこれは知育玩具からは程遠いですね。ただの車。長男が2歳になる頃買いました。私が組み立てました。我が家は板張りの床なので、長男も次男も家の中で乗り回しています。お友達が遊びにきたときにも大人気です。女の子でも取り合っていますよ。車の鍵がついていてリモコンのボタンを押すとエンジンをかける音、クラクションの音などがします。
同じようなものがここで買えるようです。



My First Leap Pad

leappadこれは「知育玩具」ですね。長男の3歳の誕生日プレゼントにしました。以来今でも時々やっています。内容はABC関係と算数関係ですが、リープというかえるのキャラクターのほかにも、トーマス、JJ the Jet Plane、くまのプーさんなどのブックレットがあります。買ってからStylus(ペン)の調子が悪くなり交換してもらったことが1回。本体の調子がおかしくなって交換してもらったことも1回あります。カスタマーサービスは良いです。

My First Leap Padを卒業すると(英語で単語・文章が読めるようになったら)もう一つ上の機種(Leap Pad Plus Writing and Microphone)に移ります。そちらは日本で同じようなものがココパッドとして売られています。

日本ではこういうのは普及しているのかしら?逆に日本ではこんなのがあるよ、というのも知りたいなあと思いました。
posted by 7人のママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めこの国の知育おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

ああ、私ってばなんて日本人! - 彩乃

彩乃@シカゴです。

他の方も書いてたけど、さすがに在米も10年を超えると悟りを開くというか、諦めの境地というか、こういう風に思う事も段々減ってきます…..が!馴染めないアメリカの習慣をいくつかご紹介します。これらを目の当たりにした時に「あぁ私ってば日本人!」と思います。

1.何でもやたらと投げる!
私は社用車を良く買いにいくのですが、車購入時って沢山サインするものがあります。そういう書類やペンを客である私に投げるんですよ、「ほれっ」って感じで。
しつこいようですが私は客です。これは最初ムカつきましたねぇ。何でン万ドルもする車を買っているのに、ペンや契約書を投げられなくちゃならんのだ!?
免許を取った時も、最後免許証が出来上がった時に係員のおっちゃんが名前を呼びながら机の上にぽーんぽーんと免許証を投げていました。
身分証明書なんだからちゃんと扱ってくれよ〜と思う私は日本人です。

2.返品しまくり!
もうご存知だと思いますが、アメリカは返品天国です。ありがたいことの方が多いこの習慣ですが、それを逆手にとるのはどうかと思います。
アメリカ人の友人A、私のレアなビデオをダビングさせて欲しいと言ってきたので「なんだったらあまっているビデオデッキも貸してあげようか?」とオファーしました。彼女がデッキを一台しか持っていないのを知っていたからです。でも彼女は「ううん。最新のデッキでコピーしたいからいいわ〜」との返事。どういうこっちゃと思ったら、電器屋で最新のデッキを買って、たっぷりダビングして返品なさったそうです。
あとパーティーで1回着たドレスを返品とか、使った化粧品を返品とか、常識的な日本人の私には理解不能です。
店だってボランティアじゃないんだから、こういう横暴な返品を繰り返していると、結局その費用は商品の単価に転嫁されていくんです。現にリターンポリシーが厳しい店が出始めています。
そんなアメリカ人を呆れ顔で見てしまう私は日本人です。

3.食べ物を粗末にしまくり!
前回の話とダブりますが、この国は食べ物を粗末にする人が多すぎます。
食べたくも無いのにマックでセットを頼み、ポテトを半分以上捨てる人が多すぎです。
でもですね、「新鮮な野菜は無駄が出るから、私は野菜は冷凍しか買わないの〜」….ってそりゃちょっと論点が違うような!?

4.店内で物を開けまくり!
例えばスーパーの店内でおもむろに冷蔵庫からコーラを取り出して飲み始める人、いきなりクラッカーを開けて食べ始める人、そりゃどうせ最後にお金払うんでしょうけど、私にはちょっと信じられない光景です。
この間は店内で勝手に頭痛薬を開けて店内の水のみ場で飲んでいる人まで見かけました。はぁ〜

5.うそつきが多すぎ!
私は良く就職希望者の面接に出席しますが、履歴書にウソが多すぎです。大学卒と書いてあるのに「卒業証書持ってこい」というと急にそわそわする奴、「日本語堪能」と書いてあるのにこんにちはとさようならしか言えない奴、こういう奴が1回募集を掛けると1人や2人は必ず居ます。何でこう秒殺でバレるウソを書くのでしょうか!?履歴書にウソを書くのはアメリカでは「犯罪」です。なのにどうして減らないの、こういうバカ。

まだまだ色々ありそうですが、段々腹が立ってきたのでこの辺で止めておきます(笑)
あぁ私ってば日本人!
posted by 7人のママ at 23:36| Comment(3) | TrackBack(0) | ああ、私ってばなんて日本人! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

ああ、私ってばなんて日本人!- popo

popo@テキサスです。

自分がやっぱり日本人だなぁ、と思うこと。
なんだかしょ〜〜もないことばかり(笑)になりそうですが思いつくままにあげてみます。

■日本の芸能ニュースがいまだに気になる。
アメリカに来て7年目ですが、いまだに日本の芸能ニュースが気になるんです。(笑)
なのでウェブサイトのニュースにほぼ毎日目を通します。
最近では島田紳介の暴行事件とか、、全部一通りは知っていますよ。(笑)
一方でアメリカの芸能ねたにはほんとに疎いです。

■Have a nice day!が言えない。
最近でこそ慣れてきましたが、Have a nice day! などの言い回しをするのが
苦手でした。日本語にない言葉ですよね。どうしても自然に口から出なくて。
ちなみに"I love you"を言うのも苦手。(苦笑)
また、夫に"Honey"なんて絶対に言えません〜。
(でもこれは夫も言わないからかも。もし夫がHoneyを連発する人だったら
自分も自然にそういう言葉が口に出るようになっていたかもしれませんが、、)
それから人前で夫婦でいちゃいちゃとかも苦手ですね。

■知らない人と"small talk"(会話)するのが苦手。
アメリカでは見ず知らずの人同士がたまたま隣り合わせになったりすると
会話を始めたり、ということがよくありますね。
まず私は自分から話しかけることはめったにありません(最近はたまーに気が向くと
そううこともありますが)。また、話しかけられてもやっぱりちょっと構えてしまいます。
相手に強い訛りがあったりすると何を言っているのか聞き取れず
お愛想笑いをして適当にごまかすことも。(笑)
日本人(得に都会)では知らない人と話をすることってほとんどないので
こういう時どういう風に話をしてどうやって話を終わらせたらいいのか、、それが
自然に出来なくてぎこちなくなっちゃうのですよね。

■アジア人を見かけるとあれは日本人か、中国人か、または韓国人か、、と
観察してしまう。
日本人であることがわかるととてもうれしくて
(ここではそれほど日本人は多くないので)
つい話しかけたくなるのですが結局出来ないことが多かったりします。
相手の人がびっくりしちゃうかなぁ、と思って。。

■やっぱり日本食。
多少高いお金を払ってもやっぱり日本食が一番です。
これはきっと一生変わらないだろうなぁ。

■キャラクターグッズに惹かれる。(笑)
キティとか、、San-Xのかわいいキャラクターグッズとか、、そういうものをみると
つい反応してしまいます。30代半ばになってしまった今でもやっぱり大好き。。

、、とこうやって色々考えてみると改めて思いました。
あぁ、私ってやっぱり日本人だなぁ。
posted by 7人のママ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ああ、私ってばなんて日本人! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月19日

ああ、私ってばなんて日本人! - 桜子

桜子@バンコクです。

【日常編】
やっぱり、お風呂にお湯を溜めてつかる時。あぁ〜幸せ。タイの一般家庭(我が家も含む)では水圧が弱くてお湯をたっぷり溜めるのは難しい…。なんせ水シャワーが一般だから。

ケーキよりも苺大福に魅力を感じる時。こしあん大好き〜。

ハンカチを持って出かける時。タイ人はハンカチ使わないなぁ。

料理しない事に罪悪感を抱く時。屋台天国タイ。主婦の強い見方。テイクアウトもO.K.!

彼の友達が突然の来訪するのを知って、『もっと早くいってよぉ〜』とブツブツ云いながら大急ぎで片付け始める時。彼はそのままで構わないっていうけど、やっぱり散らかっている家にはお客さんを上げれません!

テイッシュペーパーを箱からサッサッと2枚抜く時。彼に勿体無いと注意されて初めて気がついた。

隣の部屋に居ても日本語(ニュースとかテレビ番組)はしっかり聞き取れる時。英語やタイ語はちゃんと耳を澄まさないと、自然とは入ってこないなぁ。母国語強し!

タイのインフラが整っていない事やバンコクの渋滞、空気汚染、公園が無いと愚痴る時。いけない、いけない、ここはタイ。まだまだ発展し続ける国。日本と比べるのは早すぎる。

【会社編】
会社に遅刻しそうになるとイライラ度が増す時。時間厳守が社会人の基本!

会社では受けるのもかけるのも私用電話は極力避けたい思う時。彼はよく仕事中にかけてくる。その辺は、タイ人は全く気にしていないようだ。

18:00の定時にサッと引き上げれない時。(日本人の)上司にちょっと気兼ねしちゃったりして。

【その他】
つわりの時期、むしょうにソウメンや冷たいうどんが食べたかった時。『食べつわり』だったの。

成田空港に着いた時。帰ってきたんだなぁ、とシミジミ思う。

彼にもちょっと聞いてみた。「私を日本人だなぁって思う瞬間って?」。'Ear’と 'Year’の発音!と即答し(笑)それから、少し考えていた間、宥める為に私がakoに歌った子守歌に反応し、『それっ、それっ!童謡歌ってあげる所。』え??タイ人は子供に歌ってあげないの?

『郷に入っては郷に従え』で、(日本人である自分には厳しいけど)他人=タイ人には「マイ・ペン・ライ」(訳:大丈夫。気にしない。構わない。)と寛容にやっていかなくっちゃ、ね。大らかすぎるタイ人の彼と、細かい(=こだわる)日本人の私。そんな環境で育てられたakoは『礼節を弁えた大らかな女性』になって欲しいと願うママ・桜子でした。






posted by 7人のママ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ああ、私ってばなんて日本人! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ああ、私ってばなんて日本人! - モチ

モチ@ロサンゼルスです。

わたしはかなり大雑把で無頓着な性格なのですが、「あたしってもしかして神経質?」と思わせてくれるような出来事に出遭った時、ああ、私ってばなんて日本人!と思います。

外国人と日常的に接してみて、日本人は、本当に細やかな心配りの出来る人種だなあと改めて確認しました(もちろん例外あり)。


あとは・・・

オリンピック等で、アメリカではなく、日本を応援してしまう時(ニッポン、チャチャチャ!!)。

皇室のニュースが気になってしょうがない自分に気がついた時(紀宮様、おめでとうございます)。

また、どうしても皇室の人間を呼び捨てに出来ない自分に気がついた時。

外国人が、日本あるいは日本人を非難しているのを耳(目)にすると、たとえ日本側に非があっても、とにかくムッとしてしまう時。

ファーストフード大手M印には、「I’m lovin’ it」というキャッチフレーズがあり、飲み物のカップに世界各国の言葉でこのキャッチフレーズが書かれているのだが、日本語がないかどうか、探してしまった時(結局、日本語は書かれていなくて、ちょっと淋しかったです)。

トヨタやホンダやソニーなどの日本メーカーが世界で頑張っているのを見ると、「自分のことのように」誇らしくなってしまう時

etc, etc…

10年もアメリカに住んでいるので、日本在住の日本人から見たら、かなりアメリカナイズされていると思いますが、「三つ子の魂百まで」ですので、根本的な日本人気質は一生変わらないと思います。

っていうか、自分自身、日本人以外にはなれないのが分かっているし、又なるつもりもないので、それでいいのですが。
posted by 7人のママ at 02:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ああ、私ってばなんて日本人! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

あぁ、私ってばなんて日本人 - kanani

こんにちわ〜 kanani@ハワイです。

今回のテーマ、 あぁ、私ってばなんて日本人。。。

そうですねぇ、、、ハワイには沢山の日本人が暮らしています。
それは日系人も含めて日本から移民してきた人も暮らしています。
私が今働いているところもスタッフはほとんどが日本人です。
そしてお客サマも限りなく100%に近いほどが日本人。
やっぱり観光業で成り立つ州のハワイ。その中でも日本からのお客様の
比率は相当なもので私みたいな特に手に職がなくとも雇っていただけるのです(笑)

そう。少しの英語力と堪能な日本語力さえあれば・・・ね(笑)

日本語、、と言えば
最近(、、、って言うと自分がすごーくおばさんチックに聞こえるけど)の
若者の言葉使い。。。酷いねぇ。
あれはもう日本語なんかじゃないよー。
主語、述語、修飾語、なんてあったもんじゃないもん。
それに丁寧語、謙遜語、なんかもめっちゃくちゃ。

他人に物事を尋ねる時の口のききかた?質問の仕方?ってあるじゃないですか?

なんか、、、悲しくなってしまいます。

ワイキキを歩いていて道とか場所を尋ねられることが多々あります。
わかるところでしたら もちろん教えてあげますよ♪
でも、いきなり  『・・・っていうかーぁ、○○ってぇ、 ドコ?』

って言われた日にゃぁ。。。(苦笑)    ガックシ。。。きます。

日本から離れたところで暮らしてみて見えてきた日本。
大好きな日本だけに これでいいのか!!
とついつい熱くなってしまいます。

そして、日本食に対してですが。
日本にいた時は、当たり前のように居酒屋にいったり、コンビニでお弁当買ったり
当たり前に美味しいモノが食べれていたけれど、

これだけ日本人が旅行で来るハワイ、日系人、日本人、の暮らすハワイ だけど、、、
そりゃぁ、お高い料金払って食べる日本料理のお店はもちろんそれなりに美味しいかもしれない。

でも、お値打ちで、、、となると    微妙ですね(笑)
日本料理風  ならお値打ち価格で食べれるけれど   イマイチ。

なので、ハワイで暮らすようになってから
外食で和食!に行くことはほとんどない。
わざわざ外食してレストランで味や料金に納得♪できない和食に行くくらいなら
自分でお家で適当に自分味に作る方がいいし、
外食なら 和食でないものを食べる方が断然いいっ♪

きっと日本にいたら一生食べずに、知ることもなく、死んでいたのかもね。。。
っていうお料理を堪能できる人種のごちゃまぜハワイだもん。
せっかくだからいろんなもの食べたい〜

そーんなワタシだけど、ダイニングテーブルを拭く時、こちらでは
いちいちペーパータオル。(もったいなーいっ!!)
拭き掃除とかにも ペーパータオル。

台拭きや雑巾、、、な文化じゃないのよねー。
そんな時、 あぁ、 あたしってば なんて 日本人!(笑) って思う。

そして、友人に夕飯に招待されて出されたメニューが 『おでん』だったとき。
美味しいホクホクの大根、出汁色に染まったタマゴ、 美味しそう〜!!

       
       あぁ、 あたしってば なんて 日本人! (笑)
posted by 7人のママ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ああ、私ってばなんて日本人! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月16日

ああ、私ってばなんて日本人! - ちょこ

ちょこ@メリーランドです。

自分が「日本人だなあ」と感じることは在米が長くなるにつれてどんどん少なくなっているように思います。(在米14年目です)最初の頃の驚きや感動もどんどん忘れてしまって、知らず知らずのうちにアメリカナイズされているのですね。

仕事は日本とは無関係のところなので、日常は基本的にアメリカ人の間にいるわけですが、私の場合とても恵まれていて回りの人は本当にまともなのです。 プログラマーという仕事柄、きちんと物事を処理することに慣れている人に囲まれているからかもしれません。

というわけであんまり適切なエピソードがないのですが、このテーマでひとつ思いつくのは職場のトイレのトイレットペーパーの向きについて。これは結構自分でこだわりがあったので以前に自分の日記にも書いたことがあります。繰り返しになってしまいますが、また書いてみますね。

私のオフィスはいわゆるオフィスビルではなく、2階建ての大きいタウンハウスみたいなところです。トイレも一般家庭のような設定で(手を洗うところが同室内にある)キッチンの横に2つあります。この1階のキッチン横のトイレのトイレットペーパーが1年ぐらい前から手前ではなく、奥の方から下がるように取り付けられるようになったのです。

私はトイレでこれに気付くたびに「あっ、また間違っている」と向きを変えていました。しばらくしてもこれがずっと続いているので、何人かの同僚に「トイレットペーパーの向きが違うんだけど、気にならない?」と聞いてみました。そしていろいろな人と話をしていくと、半数近くが手前派、その残りの半分が奥からたらす派、そして後の半分ぐらいの人はどちらでもいい派とわかりました。どちらでもいい派というのは向きなどは確かめずに、紙がなくなるとただつけてしまうのですね。トイレットペーパーには端の部分に少し糊がついていてその部分をはがしてから使うのだと思っていましたが、それをしないでただつけてしまう人がいる、というのも驚きでした。

結局、統一見解としてはオフィスのお掃除の人が代わったのでそれでトイレットペーパーの向きも代わったのだろうということに落ち着きました。ほとんどの人が「自分の慣れている向きとは違っていてもいいんじゃないの」という意見で、なんとなく納得できない気持ちでした。

日本のトイレットペーパーは当然のように手前からたれてきますよね。押さえのカバーがあるので逆につけるというのは全く考えないのかもしれません。アメリカではこのカバーはないので、どちらでもよくなってしまうのでしょうか。ちなみに「奥からたらす派」の理由は「母親がそうやっていたから」というのです。

私にとってはトイレットペーパーの向きは正しいか正しくないかだったのですが、反対からたれているのになんとも感じない人がいるというのがショックでした。

今でも私の職場のトイレットペーパーは奥からたれています。残りが少なくなって私が新しいのに付け替えるときには正しい向きにつけますが、それ以外は間違った向きのトイレットペーパーでも我慢するようになりました。

どうでもいいようなことなのですが、日本をご存知の皆さんにはこのこだわりがわかってもらえるかなあと思って書いてみました。

toilet paper
posted by 7人のママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ああ、私ってばなんて日本人! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

うちのご飯 - 桜子

桜子@バンコクです。

やっぱり理想は、【家庭の味】です。が、理想と現実はギャップが付き物でして….。【我が家の一日】でも分かる様に、私の料理の腕は週末でしか磨かれない状態(笑)。買出しは週末にまとめて、近くのスーパーへ。日系のスーパーも充実しているけど、昨今日本食ブームで食材はタイ系スーパーでも揃ったりする。

基本的に、和食が食べたい時は私担当。タイ食が食べたい時は彼担当(作るか屋台で買ってくる)。野菜・煮物系大好きの私。肉好きの彼。(ちょっと一言@:タイ人は、じゃがいも、かぼちゃ、里芋の様なホクホクした物はあまり食べないし、野菜の摂取量もかなり少ない。牛肉こそあまり食さないが、実は豚肉、鶏肉、アヒルの肉をこよなく愛す肉食派)和食は茶碗にお箸(彼は別)で、タイ食は平たい丸皿にスプーンとフォークで。(A:昔は手づかみだったけど、ラーマ4世(モンクット王:「王様と私」のモデル)と5世(チュラロンコーン王)が西洋文化を取り入れて文明開化?右手にスプーン・左手にフォークを持ち、スプーンに中にフォークでご飯を寄せて大口開けてパックン。日本の子供はお箸から躾が始まるけど、タイの子供は楽でいいねっ。)飲み物は、私は水かお茶かフルーツジュースで、彼もフルーツジュース若しくは炭酸飲料かビール。(B:タイ人は欧米人と同じくらいコーラを消費する。暑いから特にシュワっとする炭酸飲料を欲するのだろう。悲しいかなcarbonated waterは輸入品で高すぎて一般的に出回っていない!! 最近の私のお気に入りジュースは、ピンクのグアバジュースなのだ。)食後は果物。安くて美味しい果物が溢れてる:果物の王様ドリアン。果物の女王様マンゴスチン、マンゴー、ライチ(冷やして食べると美味しさ倍増!!!)、ソムオー(グレープフルーツの甘い版)、サリー(タイの梨:甘さ少なめ)等々。幸せ〜。(C:1年中暑いけど、ちゃんとそれぞれ季節があるんですョ。)

暑くて食材が痛みやすいから全ての物に火を通すのがタイの食習慣。油で炒めるのが主流。(結構カロリー高いんだな、これが。)残り物はさっさと捨てちゃうし、ね。食べ物は豊富でいつでも手に入るし、すぐ痛むから、取って置く必要なし。お米は八十八人の手を介して食卓に上がるのだから、有り難く残さず食べようっていう概念は、無いみたい。タイのお百姓さん、ごめんなさい….。そ〜いえば、タイでは『いただきます。』『ご馳走様。』の掛け声も無いなぁ。

引っかかるのは、<私作る、私片付る。彼作る、私片付る。>という方程式の謎。とにかくせっせとお片づけしないと、暑いから腐りやすいし、甘い臭いに誘われてどこからともなく現れて行列作る蟻さん達。皿洗い機なんていう素敵な物は、タイでの存在は皆無に近いんです(泣)。

実際問題、大人2(+幼子1)だと、屋台で買って来た方が材料買って作るよりも安いの。こういう食生活に慣れ親しんでいる彼は、私にただの一度も『ご飯を作れっ』なんて命じた事はないのよね。つわりで苦しんでいる時やakoが生まれてからというもの、どんなに精神的に助けられたか。たまに罪悪感を感じ、『作るよ』っていっても『いいよ、買ってくるから』って。そうやって、甘やかされ続けている私なのです。

でも、『ローマは一日にて成らず』って、理想とする【家庭の味】は今日明日には完成しない。一日一日の積み重ねです。目標は、(モチさんの様に) 『ママのご飯が一番!』ってakoに云ってもらえる事。地道に頑張ろう♪っと決意する桜子でした。
posted by 7人のママ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | うちのご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月13日

国の言葉-はな

私はコンドミニアム住まいである。120世帯、27階建ての高層ビル。で、このビルでは英語のほか、中国語のサインがけっこう張り出されている。中国系の住人が多いからなんだけど、ちょっと不思議な光景ではある。

あまり知られていないことだけどカナダではフランス語が話されている。フランスについでフランス語人口の多い国だそうだ。国全体で見ると、英語の人口の方が多いようだが、フランス語と英語は両方が公用語となっている。「公用語が決められている」というのが実際の生活でどういうことかというと、すべての公共サービスがフランス語と英語で提供されなければならないということである。市役所に行けばフランス語を話す職員がおり、公共交通機関のサインはすべてが両国語で書かれ、議事録は2ヶ国語で用意され、「納税のお知らせ」なんてのは2ヶ国語で表記がある。

さらに日用品でもカナダで売られているものは2ヶ国語表記が義務付けられている。朝起きて、朝食のシリアルの箱の片側はフランス語、裏を返すと英語。職場についてふとカレンダーを見れば、2ヶ国語で曜日が書かれ、トイレにたてば「石鹸」、「ペーパータオル」、「ナプキン」なんて言葉すべてが、、だ。

ではバンクーバーの日常生活でフランス語はどうなのか?これが、まったく使われない。一応、英語圏、フランス語圏という大きな地域差があり、バンクーバーは英語圏だから。実際に子供のデイケアでもフランス語を話す家庭の子供もいるし、うちのお隣さんは奥さんはフランス語がネイティブ、だんなさんは英語ネイティブだ。

国の方針としては「全員英仏バイリンガル!」という壮大な構想があるようだが、これはなかなか難しい。学校でも英語圏ではフランス語が、フランス語圏では英語が必修だけど、日本の英語教育のように読み書きは結構できるけど会話は今ひとつ、という人が圧倒的に多い。このバイリンガル政策が取り入れられたのは70年代なので、そのころにもう大人になっていた人たちは、どちらか一方しかできない人が多い。

しかし!「バイリンガルならいいなぁと思っているのに、バイリンガルになれていない」という人たちにとって、バイリンガルの人は憧れの対象だ。ほかの言葉を話す人に対してすごく寛大な人たちであると思う。息子に対しても「日本語もわかるの?いいね。ほかの言葉ができるといいよね。脳の刺激が多いし、知識欲の旺盛な子供になる子が多いよ」ってな感じ。やっぱり「自分の花を咲かせ続けることができるガーデン」なんだな。

さて、かっこいいことを書いてきましたが、英語もフランス語もあまりできない人にはどうなのか。結構、冷たいっす。バンクーバーで英語の次に多い言葉は、プンジャビ語、または中国語だと思う。インド系の方は「自分たちの英語は立派」という誇り高い方が多く、中国系の方は「中国語は世界で通用する言葉だから、英語は不要」という別の意味で誇り高い方が多いです。

***今週の我が家***
車が故障。運転している途中で、ギア・チェンジでクラッチを踏んだら、バキッと。クラッチ交換で1700ドルなり。。。私の誕生日の日だったんだけどな。レッカー車に引かれていく車を見て、息子号泣でした。
posted by 7人のママ at 16:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 国の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月12日

うちのご飯 - 彩乃

彩乃@シカゴです。

我が家は娘1を除いて本当〜〜〜に食べる事が好きです。
食事は健康な生活の基本なので、なるべくちょこちょこ動いていろいろ出すようにしています。
夫は好き嫌いが殆ど無いのでとても楽。父が何でも手作り派で出来合いのものを出すととたんに機嫌が悪くなるような人だったので、結婚相手は好き嫌い無く何でも沢山食べる人が良いなと思っていましたが、夫は正にその理想通り。特に貧乏育ちなので、食べ物を残さない、けちをつけない、という面では徹底しています。(まあまずいと言わなくてもあまり美味しくない時はテキメンに食べる量が減るのですぐわかりますが...(笑))

家事は完璧に折半ですが、料理は私がほぼ100%担当(その分夫は掃除をほぼ100%担当(笑))
心がけている事は下記の10点です。

1.品数は3品以上。ワンプレートディッシュは夕飯にはなるべくしない。
夫も私も酒飲みなので、ワンプレートディッシュだとお腹が一杯になってしまい楽しくない&太るのと、子供に色々な味を体験して欲しいので、これはなるべく避けています。夫の実家も私の実家も昔ながらの父親が晩酌をはじめてからもちょこちょこおかずが増えて、母親が食卓に着く頃にはすごい沢山の品数が揃うような家だったので、ワンプレートディッシュだとちょっと寂しくなっちゃうってのもあります。
子供も3品あればどれかしら食べられるだろうし(まあどれも食べなくても気にしませんが(笑))というのもあります。

2.化学調味料は「なるべく」使わない
これも「絶対」使わないにしてしまうと続かないので「なるべく」にしています。親はどうでも良いのですが、子供の味覚を早いうちから破壊したくないのと、化学調味料の安全性についての情報を読んでから怖くなったので、気をつけています。わざわざ私が使わなくても、アジア風の食事をしようと思うと大抵のものに入ってしまっているので、せめて家庭のご飯では気をつけようと思っています。
コンソメ、ほんだし、鶏がらスープの元はありますが、味の素、ウェイパーは買わないようにしています。大体週末に出汁を引いて冷凍しておけば、その週は化学調味料フリーで過ごせます。

3.ご飯は晩御飯―朝ご飯で食べ切る
ご飯がまずいと楽しくないので、とにかく朝で食べきるようにしています。朝で食べきらなかったら私がお昼に家に戻って昼ご飯で食べ切ります。でも今は大体2合炊けば翌朝で完食です。(夫は夕飯の時に殆どご飯を食べないので)

4.食材を捨てない
これは難しいのですが、とにかく買い物する時に気をつけて、なるべく捨てないようにしています。私の実家は農業も営んでいたので、食材を捨てる事には非常に罪悪感があります。それでも大根の葉まで完璧に使い切る!なんてところまで頑張ると続かないので、大体使い切ればよいかということにしちゃいます。

5.家族全員同じ物を食べる
子供に合わせてオムライスとかクリームパスタなんてものを作る時はありますが、そういう時は親もそれを食べます。基本は家族全員同じご飯。ただ極端に塩辛いもの、辛いものなんかは親だけ食べる事もあります。その為の「3品以上」なんです。私の実家が常に父にだけお刺身が付いたり、と父だけ特別だったのが子供心にも非常に悔しかったので(笑)我が家は全員同じを基本にしています。

6.面倒な時は諦める(笑)
週末忙しかったりして、準備が十分じゃないとその週はもうぼろぼろです(笑)そういう週は諦めて「さぼり週間」にしちゃいます。幸いミツワが車で5分、良心的な中華やお弁当の店が近くにあるので、その辺で買ってきたり外食しちゃったり。何事も頑張りすぎないのが一番かなと。

7.冷凍は極力しない。冷凍食品は買わない
ウチは日本の食材が簡単に手に入る所に住んでいるので、買い置きはなるべくしないようにしています。普通の食材も確かに大量買いして冷凍すれば安上がりだけど、家庭用冷凍庫で冷凍すれば栄養価が落ちるものが殆どなので、なるべくしないようにしています。
またアメリカではマイクロウェーブディナーと呼ばれるチンしてすぐ食べられる冷凍物が沢山ありますが....う〜ん、こういうのって食事と呼べるのかなぁと思っちゃうんだよね。ただの「栄養補給」というかビタミン剤飲んでいるのと変わらないと言うか。
前に付き合っていたアメリカ人の彼の家に初めて招待された時にこれをご馳走されたと言う事もあってちょっとトラウマになっています(笑)
おいしいものももちろんあるのでしょうけれど、私にとってこれは「食事」ではないのです。
あ、でもトレーダージョーズなんかで売っている、中身を混ぜて炒めるとか、開けて何か一手間掛ける物はぎりぎりOKという事で非常食用にいくつか冷凍庫に入っています。

8.食事はテレビ無しで
食事の時はテレビは消すようにしています。家族揃ってご飯の時間は、話しながら食べたいし。例外としてニュースはOK。
でもテレビを消しても私も夫もどうも漫画読んだり新聞読んだりしがちなので、それはこれから直すようにしなくては!と反省点です。

9.残り物は食べ尽くす
これは基本中の基本。アメリカ人って何故か残り物嫌う人が多いんだよね。何でだろう?食べ物は感謝して食べる物なので、残して捨てるなんて言語道断。ただ同じモノを来る日も来る日も食べるのは確かにしんどいので、ちょっと変えて出すようにしています。でもまあ食いしん坊の我が家では、大抵次の日の朝で完食しちゃいますが。

10.片付けは全員で
洗い物は私か夫かディッシュウォッシャーがやりますが、自分の食べた食器は自分で台所まで下げる、これが基本です。1歳児も例外ではありません。

もちろん、毎日3品作るのは難しいので、我が家には常備おかずとして、きんぴらや切干大根の煮た物、煮豆数種類、野菜の炊き合わせ、ミネストローネスープ、ポテトサラダ、サラスパなんかがあります。これらは週末や暇な時に調理して、金曜日までに食べきるようにしています。
それと電子レンジで15分程度でできる小さいおかずのレシピをこれまた沢山集めていて、大体食卓が整った所でこれで品数を増やしたりもします。

お料理の本は色々持っていますが、一番役に立ったのが栗原はるみ氏のたれ・ソースの本というもの。氏のレシピには化学調味料が大量に使われているので、いつも少しアレンジして使っているけれど、作り置きのたれやソースのアイディアをこの本からもらってから、ずいぶん毎日の食卓の準備が楽になりました。
我が家は日本人家族なので、料理も日本食が基本です。でもたまに私の大好きなタイ料理や韓国料理が出る事もあります。滅多に無いのは夕飯にサンドイッチとか丼物、ピザやホットドックかな。これらは私や夫の中では「休日のお昼」という位置付けなので(笑)夕飯に出る事はほぼありません。
あとはNanny(乳母)が夕飯を作ってくれたりするのですが、多いのがチキンのシチューのような煮物、これは絶品なので、いつも鍋一杯に作ってもらって、2日ぐらい食べています。

...とまあ偉そうな事を書きましたが、こんなに色々やるようになったのも、子供が産まれてからだからここ数年です。要するに自炊でも外食でも美味しい物が食べられれば何でも良いのです。
幸いウチの近所は美味しいお菓子は簡単に手に入るので、お菓子の手作りは滅多にしません。手作りのお菓子を食べさせてあげたいのだけれど、1回作ると大量に出来ちゃうし、夫は甘い物を食べないし私は大好きなので、手作りすると私が太るだけということもあります。
子供が産まれる前は週の半分ぐらいは外食してたかな〜行きつけの日本食屋が5軒ぐらいあって、それをぐるぐる回っていましたが、今は子供が小さいのでそれも無理!外食は気を使って全く楽しくないので、本当に行かなくなりました。
毎日毎日の食事の支度は面倒だけど、「家のご飯が一番美味しい」という夫の言葉を胸に日々「適当」に努力しています。
posted by 7人のママ at 07:08| Comment(3) | TrackBack(0) | うちのご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

うちのご飯 - popo

我が家のご飯については頻繁に個人のブログのほうで公開していますので
そちらを見ていただければイメージがわくかと思います。

主人はアメリカ人ですが日本食が大好きで何でも食べられるし
私も基本的に「アメリカ料理!」というレシピのレパートリーが少ない、、ということで
うちのご飯は多分日本でみなさんが食べられているものと
それほど変わらないのではないかな、と思います。

とはいってもここでは手に入らなかったり高価すぎたりする
日本食材もおおいので日本で食べていたものそのまま、、というわけには
なかなか行きませんが、、
(おいしい魚介類が恋しい!)
でも幸い街には一軒だけ日系スーパーがあるし、たいていのものは
韓国系や中国系のスーパーでも手に入ったりするので
まだ恵まれているほうではないでしょうか。

たいへんなのはすべてを一件のお店でまかなえないこと。
例えば醤油は日系マーケット、しいたけは中国系、にらは韓国系、、
そしてミルクなどは一般のアメリカのマーケット、、と何軒も回ることになり、
これをしていると週末なんて一日買い物で終わってしまったりします。
そういうわけですから何かを買い忘れたりすると「ちょっとそこまで買い足しに、、」という
ことが出来ず、ほんとに困ってしまいます。

ここではおいしい日本食は外ではなかなか食べられないので
家で食べるのが一番。
おかげで色々手作りするようになりました。
とくにお菓子類。。おいしいものが売っていないので
ケーキを焼いたり、イチゴ大福なんかも作ったり。。。
日本にいたら絶対にしていなかっただろうと思うようなことも
食べたいという情熱に駆られてやってしまうのですね。(笑)
まぁこれはこれで楽しかったりします。

アメリカでうれしいのは世界中の食材がなんでも手に入るし、
また比較的安いこと。
アジアの調味料などは日本で買うと高いですが
ここではものすごく安いですし、地中海料理、インド料理、、その他色々も
本場のものが手頃な値段で手に入ります。
なので色々な料理に気軽に挑戦することが出来て
料理好きにはとても楽しいのではないかな。

というわけで私も色々な国の料理にトライしてみたい、といつも思っているのですが
見知らぬ料理はどうしてもとっつきにくいので作るのにはそれなりの心構えが必要。
育児に追われてなかなかその余裕がない私は
結局いつも日本的なものに落ち着いてしまう、という日が続いています。

でも今は子供たちに日本の味を覚えてもらうのが
一番の目標なのでそれでよいのかもしれませんね。
彼らがもう少し大きくなったら、どんどん色々な料理にトライして
家族を驚かせて見たいなぁというのが私のささやかな夢です。
posted by 7人のママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うちのご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

うちのご飯 - モチ

モチ@ロサンゼルスです。

テネシー州に住んでいた頃は、自分が作らないと和食を口に出来なかったので(日本食レストランはあったが、何時も外食ばかりしていられないので)、結構マメにごはんを作っていました。でも、ロスは、日本食レストランに限らず、あらゆる国のあらゆる食べ物のレストランが乱立していて、競争が激しいので、美味しいごはんが安く食べられるため、外食率が高くなってしまいました。また、外食をする理由(単なるいい訳とも言う)として、娘には小さな頃から色々な味を経験させて、色々な物を食べれる大人になって欲しいと思っている、ということも挙げられます。

さて、ガーバー等の市販のベビーフードはほとんど食べさせず、離乳食としてすり潰したおかゆやうどんや野菜を与えていたのがよかったのか、娘はどちらかと言うと和食派で、お野菜もモリモリ食べます。そして、他人さまの作ったごはんには文句を言わず、絶対に「不味い」という言葉を口に出さないので(代わりに「好きじゃない」と言う)、娘の存在は、ごはんを作る上でいい張り合いになります。

家でごはんを食べる時は、私が仕事から帰って来てからごはんの仕度をするので、我が家のごはんはいたって簡単、っつうか手抜きです。基本的にごはん、肉あるいは魚、野菜、麦茶と質素です。これに果物がついたり、もう一品小さなおかずがついたり、デザートがついたりしますが。

出番の多いおかずは、焼肉、ステーキ(しょうゆでいただく)、チキン(塩を振って焼くだけ)、鯖、鯵、ブリ(照り焼き)、鮭等ですが、和風に調理していただくことが多いです。たまに突然、南部時代を思い出し、コーンブレッドやカラードグリーンなんて作ったり、なんちゃってカルネアサダ(メキシコ風ビーフステーキ)を作ったりします。昔は土鍋で自己流スンドゥフを作ってみたり、ホットプレートでお好み焼きを焼いてみたりしましたが、最近ではそんな気力はありません。

娘はアメリカンな食事ももちろん大好きなので、冷凍のピザやラザニアも常備されています。他に何もない時はこういうもので簡単に済ませてしまいます。こういう時の付け合せはこれまた冷凍のフライドポテトでしょうか。冷凍食品は働く母の強い味方ですが、ピザとラザニア以外、冷凍食品はあまり口にしません。アメリカでは冷凍食品の種類があまりに多くて、何が美味しいのか分からないのです。何かお勧めがありましたら教えて下さい(>アメリカ在住の方)。

外食をする時は、韓国焼肉、スンドゥフ、ベトナム、タイ、キューバ、インドネシア、アメリカン、メキシカン、ペルー、ペルシャ、エチオピア、ネパール・チベット、日本の定食屋、居酒屋、焼き鳥屋、蕎麦屋など色々な国のごはんを食べに行きます。ファースフード(マクドナルドやKFC)も実は好きです。ロスには吉野家もあるので、仕事帰りにドライブスルーで牛丼を買って来て済ませることもあります。しかし、娘は「おうちのごはんが一番!」と言ってくれるので、もっとごはんをしっかり作らなくちゃなと、母は反省しております。
posted by 7人のママ at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | うちのご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月09日

うちのご飯 - ちょこ

ちょこ@メリーランドです。

我が家は夫も私も食べることが好きです。私は好みがはっきりしているので自分の味にしたいと思うことが多くてそれで必然的に料理をします。食いしん坊なのです。でも手抜きは得意です。

我が家の夫は何でも食べてくれるし、日本食は大好きです。残り物(leftover)を食べるのも嫌がらないので、基本的には多めに作って何回か食べられるようにしておきます。食卓が残り物ばかりというのは日常茶飯事です。

朝ご飯
朝ご飯はばらばらに食べます。
・子供たちは冷凍のワッフルまたはベーグルです。ベーグルは Panera Bread のをいつも用意しておきます。子供たちはチーズのベーグルも甘いベーグルも両方好きです。
・私も職場でベーグルなどを食べることが多いです。
・夫は炭水化物を控えているので、時間があると自分でオムレツを作ったりしています。基本的には職場の近くのデリで食べることが多いようです。

週末の時間のある時にはパンケーキを焼いたりします。多めに焼いて冷凍しておきます。

昼ご飯
・長男はランチを持っていきます。(サンドイッチと牛乳、フルーツ)
・次男はスクールで給食がでます。
・私は残り物のお弁当を持っていきます。
・夫はのランチは謎です。

夜ご飯
・我が家の食事は和洋折衷です。まだ次男が2歳なので家に帰ってからじっくり料理をする余裕がなかなかないので、ご飯と肉(または魚)と野菜だけの簡単な場合が多いです。

・例えば鶏肉の味付けは和風の照り焼きにしたり、白ワイン(ブランデーとかウォッカの場合もあり)と生クリームを入れたソースにしたりいろいろです。お肉をたれにつけておいて焼くというのもよくします。

・スパゲティミートソース、popoさんおすすめの クリームバジルペストパスタなどもよく作ります。ミートソースなどは必ず多めに作って冷凍します。

・揚げ物は週末に時々します。とんかつ、から揚げなどですが、まだまだ修行が足りません。Deep Fryerが欲しいなあ。

・スープは野菜をたくさん入れられるのでよく作ります。野菜をチキンストックで煮て半分はカレーにして半分はチャウダーというパターンが多いです。

・野菜(いんげん、ブロッコリなど)は簡単に蒸すだけの場合が多いです。主菜のソース・たれで一緒に食べたりします。ほうれん草などはよく煮付けてしまいます。

・冷凍食品でよく利用するもの: コロッケ

お料理の本、レシピ、レパートリー
・アメリカに来てからオーブン料理を覚えたいなあと思っていたのですが、ひとつ開拓したものにClay Potというのがあります。テラコタでできているオーブン用の器で、15分水につけて水を吸い込ませ、そこに肉、魚、野菜などを調味料と一緒に入れて焼くのです。Potからの水分が出るので蒸し焼き風になってお肉もいつもジューシーに仕上がります。失敗が少ないです。
Clay Pot用のとてもよい料理の本(Clay Cookery)があるので、鶏肉、豚肉、牛肉、魚、野菜といろいろな味のお料理が楽しめます。土日にClay Potを使って多めに何かを作っておくと楽です。
Clay PotとClay Cookery (本)の写真はここ

・このごろ時間がなくてあんまり見られないのですが、Food Networkからもよくお料理のヒントをもらいます。よく見るのは以下の番組です。(順不同)
30 minute Meals(Rachel Ray)
Sara’s Secret
Paula’s Home Cooking
Barefoot Contessa (Ina Garten)
From Martha’s Kitchen(今はお休み中)

Food Networkのウェブサイトは こちら

・お気に入りレシピをアップしています。興味のある方は こちらからどうぞ。
posted by 7人のママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うちのご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月08日

うちのご飯 - kanani うちのご飯-kanani

こんにちわ〜 kanani@ハワイです。


うちのご飯・・・・・・。
うちには冷蔵庫が2つあるんです。
1つはキッチンに家族が必要とするもの&夫の使うもの。
すなわち、アメリカな食材や調味料、飲み物、などを入れる冷蔵庫。
そして、ラナイ(ベランダ)にもう一つ。
通称、JAPAN冷蔵庫(笑)
こちらには私が使う日本人仕様の食材や調味料、飲み物、なんかが入っているの。

私って常に冷蔵庫にあらゆる調味料、、、っていうのか?
すき焼きのたれとか焼き肉のたれ、チューブの練りもの系、などの
常備してるのがかなり多いのね。
それにマヨネーズ1つにしたって夫はアメリカのベストフードのマヨネーズ派だし
私はモチロン!日本のマヨネーズ派だもん。マーガリンだって、酢だって、
しょうゆだって、お互いにひいきなのが違うときてる。(笑)
それぞれを1つの冷蔵庫になんて収まるわけがなく、、、よって2つの冷蔵庫を
使い分けるハメになったの。

醤油ひとつにしたってやっぱりキッ○ーマンやヤマ○しょうゆの方が断然美味しい。
ハワイブランドのアロハ醤油じゃ、、、やっぱりなんか仕上がりが違うし。。。

そして、我が家のごはん。
基本的に夫と私は別メニューの食事を食べています。
夫は日本の食べ物はなんでも食べれるけれど、それが毎日ではやっぱり、、、、ねぇ?
私も同じくで毎日を夫にあわせて欧米食は、、、、、、イヤ。(笑)
なのでお互いがそれぞれ食べたいものをそれぞれに調理して食べているのです。

時には「今からそっちは何作るの?」と聞いて
相手が作るものを食べたい気分♪の時なんかは相手の作ったものを一緒に食べるしね。
HOKUとKALANIはそんな両親が作るものを上手に食べ分けてるよ(笑)

朝食はだいたい典型的なハワイ朝食が多いかな。
焼いたスパムにスクランブルエッグ、そしてご飯
(ハワイの人はご飯にたっぷりのアロハ醤油をかける人が多いです)
またはイングリッシュマフィンかな。

余談ですがハワイではスパムの需要はアメリカのどこの州よりも多いんですって。
アメリカ本土の人達はスパムは中流以下の人たちが食べるもの、、、、、って
イメージらしくハワイでこんなにも人気もののスパムだけどあまりいいイメージでは
ないそうですね。ちなみにうちの息子たちはハワイ名物?スパムむすびが
大好物!完璧なローカルボーイです(笑)

だんでこんなにハワイでスパムが人気者になったかはまた機会があったら
お話しようかなー?

ハワイにはありがたいことにダイエーがあるので日本の食材が簡単に手に入り
日本にいるのと変わらない食生活が可能なんです。
お値段は多少高いけれどそれでも日本で食べるようなパリッ!っとした歯ごたえの
ウィンナーソーセージが食べれたりするのは嬉しい♪

週末はコミカレでクッキングコースを出た夫がディナーの支度をしてくれるので
典型的なアメリカ料理?も堪能していたりします。

なんだか今回のお題の  うちのご飯 とは少しずれた内容になっちゃったけれど
今回はここらで失礼します〜

(いかにお料理していないか、、、、バレバレですねっ<苦笑>)
posted by 7人のママ at 17:47| Comment(2) | TrackBack(0) | うちのご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月07日

我が家の一日 - 彩乃

彩乃@シカゴです。
毎日毎日戦場と化している我が家の様子をご紹介します。

5:30a.m. 私起床、シャワーを浴びる、部屋の片付け、前夜の洗い物の残りや洗濯をする。朝食の用意。
6:00〜7:00a.m. 夫子供2人が起きてくる。大抵娘2、夫、娘1の順番。着替えたりオムツを換えたりして朝食。夫が犬を散歩に連れて行く。
7:00a.m.〜7:30a.m. TVジャパンのニュースを見つつ引き続き朝食。7:15頃Nanny(乳母さん)が来るので、子供は彼女に任せ私と夫はフルに出勤準備。7:45頃2人とも出勤。
とまあ朝はこんな感じです。

5:30p.m.〜6:00p.m. 夫と私帰宅。Nanny帰宅。
6:00p.m.〜7:00p.m. 家族でうだうだ。夫は犬の散歩と掃除、片付け。私は食事の準備がしていなければ準備をする。
7:00p.m. 晩御飯
8:00p.m. 風呂、その後は遊んだり子供達に本を読んだり。夫は引き続き飲みながらTVを見ている。
8:30p.m. 歯を磨いたりの就寝準備
9:00p.m. 全員就寝

基本はこんな感じのスケジュールで動いています。
ただし、今はNannyが3週間ほど前に子供を産んで産休中ですので、子供達はデイケアに通っています。その為、朝晩の送り迎えが入るのと、普段はNannyが8割方やってくれている掃除洗濯炊事が全部夫と私の肩に掛かっているので、とても大変です。
また私も夫も出張が多く、私は日帰りが殆どですが、夫は1週間かそれ以上行きっぱなしなんてこともザラなので、そうなると犬の散歩や毎週のゴミだし等、普段上手に分担している仕事が一気に私に掛かってくるので、これはこれでまた大変です。

やっぱり小さい子供が2人居て共働きだと、どっちかが定時出勤定時上がりの仕事じゃないと難しいな〜と痛感しています。夫は完璧に家事育児を半分かそれ以上やってくれていますが、私達は2人とも残業当たり前の仕事なんで、お互いかなりきついものがあります。
本来掃除はともかくとして(笑)炊事洗濯は全く苦にならないのですが、ここまで時間が押されていると、やはり面倒です。
今の課題は早く子供達が自分達だけで寝られるように躾る事、そうすればもう少し夜の時間ができるので、次の日の準備なんかもできるようになるかなと思います。今でも子供が2人ともパタッと寝に入った日なんかは親はその後ごそごそと起き出して、片付けたり飲み直したりするのですが、大抵娘1が暗闇の中で10時過ぎぐらいまで歌を歌ったりお話したりしているし、娘2は私がちょっとでも動くとすぐはっと目を開けてしまうので、そんな事ができるのも2週間に1回ぐらいです。

昔はベッドに入ってから本を読むのが何よりの楽しみだったのに、今はそんな事もできません〜!でも子供の寝顔を見ながら寝られるのもそんなに長いことではないだろうから、今は仕方ないと自分に言い聞かせています。
posted by 7人のママ at 05:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 我が家の一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月05日

我が家の一日 - popo

小さい子供がいると一日のスケジュールはどんどん変わっていきますが、、
とりあえず今現在の私の一日を。。

5:50 a.m. 夫起床→シャワーを浴びる。支度が出来たら私を起こし、
まだ眠っている長男をかかえて一階へ。長男まだ眠り続ける。
その間に夫は長男のランチを作り、夜の間に洗っておいたお皿などを
ディッシュウォッシャーから出して片付ける。

私は夫に起こされた後(または自分で起きることも多い)シャワーを浴びて
身支度。準備が出来たら寝ている次男を抱っこして一階へ。
この頃(大体6:50 a.m. 頃)には長男はテレビをみながら朝食を食べていることが多い。

次男のオムツを替え、体をさっと拭き、ローション+バセリンを塗ってあげる。
(アトピーの肌が少しでもよくなるように)
長男をせかして朝食を終わらせ、着替えさせる(これが時間がかかる!)。

7:20 a.m. 私は長男を、夫は次男を車に乗せて出発。学校に送っていく。
8:00 a.m. 私会社に到着。PCを立ち上げ、その間にオフィスにあるスタバに
コーヒーを買いに行く(グランデ、1ドル35セントなり)。

のんびりとコーヒーを飲み、家から持ってきたマフィンなどを食べながらメールに目を通す。
日本のニュース等もさっと読む。これが一日の中で一番ほっとする時間かも。。。
お昼は何か家から持って来て自分の席で仕事をしながら食べることが多い。
週に1度くらいは同僚と外食。

5:00 p.m. 退社→長男を迎えに行く。
5:40 p.m. 帰宅 ほぼ同時刻に夫も次男を連れて家に戻ってくる。

夫が子供を見てくれている間に私はばたばたと食事を作る。
6:30 〜 7:00 p.m. 頃食事が出来上がる。食事がすんだら今度は私と
子供の時間。夫は後片付け。
この間に洗濯機を回したりも。

7:30 p.m. 子供をお風呂に入れる。この後日本のビデオを見たり、本を読んであげたり。
この間に洗濯物をたたむことも多い。
9:00 p.m. 子供を寝かしつける。

二日に一度はこの時に一緒に寝てしまう。。そうでなければPCをさわりはじめる。
寝る時間はまちまち。でも遅くても12時までには寝ているかな。
夜子供といっしょに寝てしまわなかった日はたいていPCの前に座っている。
ベッドに入ってから雑誌などを読もうとするけれど
たいてい10分も立たないうちに眠たくなっておしまい。(笑)

、、とこんな感じです。

ダンナが先に起きて子供のランチを作ってくれるのはすごい!
なんて思われる方もいるかもしれませんね。
でも、、次男が夜中に何度も起きるので私は睡眠不足になりがちなのです。
なので今は私はぎりぎりまで寝かせてもらっているというわけ。。
次男が朝まで寝てくれるようになればまた変わってくると思われます。

ほんとは一日に30分くらい家の中を片付ける時間をとりたいけれど
なかなか出来ません。
寝る時間を削るかPCの前に座る時間を減らせばいいのでしょうが、、
9時に子供を寝かせるとぐったりで、それから片付けをしよう、、という気には
どうしてもならないのですよねぇ。
でもこれも子供が小さいうちだけで学校にでも行くようになれば楽になるのだろうから
しばらくはしょうがないかな、と思っています。
posted by 7人のママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

我が家の一日 - 桜子

桜子@バンコクです。

タイは太陽が昇るのが早いし速い。出勤する8:30時頃にはもうお昼に差し掛かるんじゃないかっていうくらい高い位置から顔を向けるから日差しもジリジリと強く感じる。

幼いakoを持つ私の一日は至って簡単。
朝06:15頃起きてakoにミルクを飲ませ、彼を起こし、親子3人で07:30-07:50に外出。彼がまず私を会社まで送り、次にakoを実家に預け、09:00-09:30頃出社。夕方実家で待ち合わせ(彼17:30、私19:00頃到着)をしてお義母さんの作ってくれた夕飯を戴き、20:00-20:30頃実家を出て、帰宅は20:30-21:00。その後彼と一緒にakoと遊び最後のミルクを飲ませ21:30-22:30頃就寝。ついでに私も就寝。彼はニュースやサッカーやDVDを楽しんだ後就寝。

追記1) 平日の朝食:車中や会社で摂ってます。
追記2)朝晩の移動:バンコクは世界でも有数の渋滞都市。朝晩の車での移動は本当に憂鬱。通常の2倍はかかる。車中の時間が長いって長いって。(雨が降ったらもう最悪)ラッシュ時は高速道路ももはや高速道路とは呼べずダラダラ走行のみ。料金を払ってまで利用する価値があるのか分からなくなってきた。
追記3)実家へ:日系企業勤務(=時間厳守が基本!)の私とは違い、政府系に勤めている彼は、比較的時間の融通が利くとかで、akoを実家へ送り届けるのは専ら彼。(謝謝)
追記4) 待ち合わせ:勤務時間9:00-18:00の私に対し、彼は9:00-16:00まで。仕事を追えて近くの公園で爽やかにジョッギングを楽しんだ後、実家へ。akoと遊ぶ時間たっぷり。(羨ましい!)
追記5) 夕飯:お義母さんが用意してくれたご飯(タイ中華料理)を有難く戴く(感謝♪) 私と彼が食事をし片付けをしている間、お義母さんはakoを連れて真っ暗なお外へ散歩へ出かける。(☆も何も見えないんだけど…。)外食産業が強いタイ。屋台で買ってお持ち帰りも。
追記6) 帰宅:akoと一緒にいられる貴重な時間。三人でおもちゃで遊んだり絵本を読み聞かせたりと至福の時を味わう。
追記7) akoの一日:実家で子守さんが‘ぬるま湯’のお風呂(タイでは『水を浴びる』っていう表現でも分かる様に、汗をかいた体をさっぱり洗い流す事。汗をかいたら一日何回でも水を浴びるのがタイ人なのだ!)を朝夕2回、ご飯を2回(もうすぐ完全3回食に移行予定)済ませておいてくれる。
追記8) 彼との時間:akoを寝かしつけた後一緒に寛ぐつもりが、いつも私もそのまま夢の中へ。【父と母】であっても【夫と妻】の関係も大事にしなくっちゃ、とちょっと反省。 

駄目主婦の桜子の一日でした。
posted by 7人のママ at 20:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 我が家の一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

我が家の一日 - kanani

こんにちわ〜kanani@ハワイです。

我が家の一日かぁ。。。

まず、セルラーの目覚まし6時半で私が起きる。
先日夜に飲んだワインがまだ残りつつ、、、もムリヤリ起きる。
(飲むのが命!な私。。。ツライ〜〜っっ!!)

まずはラナイ(ハワイではベランダをこう呼ぶ)で目覚めの一服・・・で目を覚ます。

そして両目が開いたら、、、HOKUの弁当作り。
学校にカフェテリアがあるのだけど公立とはいえチャータースクールなので
他の公立のカフェテリアとは違い、料金が高い!!
(チクショー!!リンダめっっ!!<←州知事>)

普通なら公立ならカフェテリアのランチは1ドルなのに、HOKUの学校は
3ドル以上するんだもん。ちゃんと完食するならまだしも
超、スーパー、ピッキーなHOKUだもん、もったいなくて・・・・・
なので、面倒だけど、弁当作りは母の必須科目。  トホホホホ・・・・。

越境通学しているので車での送迎。
朝は次男Kalaniの世話もあるし、自分の仕事に行く準備もあるから
Hokuを学校に送って行くのは夫の役目。
深夜に仕事から帰ってくる夫だけど、文句言わずやってくれる。
ありがたいことだ。  (感謝!)

7時半に家を出発するHOKUと夫。
夫が戻ってくるのが8時半頃。そして入れ替わりで私が仕事に出勤する。
ここからは夫がKalaniのベビーシッターに変身〜♪(笑)

kalaniはプリスクールに入れてもおかしくない年齢だけど、
プリスクールったら高すぎっっ!!
とてもじゃないけど入れられる余裕はナシ!夫が3時半から出勤なので
私は3時で仕事を切り上げ自宅には3時30分には戻るしくみよ。

入れ違いでバトンタッチ★3時半からは私がKalaniの担当。(笑)
HOKUの学校は2時前には終わるけど、その後はアフタースクールで通っている
学校の校舎を借りて日本語学校を運営していてそこに在籍させているし
その後はA+にも放り込んで(笑)いるからお迎えには5時半までに行けばいいの。

KALANIと時にはブラブラお買い物にいったり、自宅でまったり、、、して5時過ぎ
にはお迎えに向かう。
お迎えの後には鬼門のダイエーに行って食材を買ったり
(日本のアクションヒーロー大好きなわが子たちダイエーは鬼門です!)

自宅についたらHOKUの宿題をさせて、、、
これもまたかなりの量で小学1年生の宿題だってのにすでにヤバい私。。。
そしてやーーーーーーーっと夕食。

夕食タイムももれまた戦争よ。
HOKUもKALANIもじっとしちゃいないー。
ダレがしつけしたんだか、、、(←私じゃん。。。。。トホッ。)

ここまで終わればやと自分の時間が持てる。

PCをやっていると、、、、HOKUがカートゥーンネットワークドットコム!!
と騒ぐ。シツコイ。ウルサイ。
そして乗っ取られる。(涙)

本日ただいま夜の8時過ぎ。
昨日のハロウィンで疲れたのかな?すでに寝てるよ〜
     ラッキー♪

ハワイの土って赤土でね、洋服とかにつくとなかなか落ちないのよ。
HOKUの通っている学校は高台になるので赤土エリアなんだけど
やっぱり男の子裸足で走り回る〜
本土の学校はわからないけどハワイは年中ハワイ。(当たり前)
運動靴吐いている子、、、、もなかにはいるけど
ほとんどはスリッパー(ビーチサンダルをこう呼ぶ BY ハワイ)
なので足なんか赤土ですごい色よ。短パンもTシャツも。。。

普通に洗濯機で洗ったくらいじゃ落ちないんだからー。
アメリカお住まいの方ならご存じかと思うけれど
   「オキシクリン」
で洗ってやっと少しマシ???ってくらいにしか落ちないんだからー。
あの、選択の魔術師オキシクリン!!でだよ〜
だいたいハワイのお土産で赤土で染め上げて作ったレッドマッドTシャツ♪
ってのがあるくらいなんだから。。。。



落ちるわけないじゃん。。。

そして母は今夜もレッドマッドだらけになったTシャツ短パンを洗うのである、、、、、
(苦笑)


posted by 7人のママ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月02日

我が家の一日 - モチ

モチ@ロサンゼルスです。
夫のいない、気楽な母娘のふたり暮らし(週に1回彼氏が遊びに来る)です。

7:15 am 母、起床、シャワーを浴びる
7:30 am 娘を起こす。
母は朝ごはんは食べずにコーヒーだけ、時間があれば娘はシリアルなどを食べるが、ない場合はりんごやドーナツなど簡単に食べられるものを朝ごはん用に学校に持って行って、学校で食べる。
8:00 am 家を出て、母は娘を車で学校まで送って行く。
8:15 am 母、会社に到着。鍵を開けて中に入り、コンピューターを起動し、湯沸しポットやコピー機のスイッチを入れる。
9:00 am 他の社員がみんな会社にやって来る。
12:00 pm 昼ごはん
2:45 pm 娘の学校が終わり(水曜日だけ短縮授業なので1時間ほど終業が早い)、母に電話をかけて来る。娘はこの後、学童保育へ。そこで宿題やったり遊んだり。
4:30 pm 母、お仕事終わり。
4:45 pm 母、娘を迎えに行く。
5:00 pm 親子、帰宅。母は食事の仕度に取り掛かる。娘は宿題が残っている場合は宿題をやり、ない場合は、テレビを見たり本を読んだり、好きなことをして過ごす。
6:00 pm 晩ごはん。この後、親子それぞれ、好き勝手なことをしている。が、娘はテレビを見ているのでない限り、母のすぐ近くで遊んでいるので、絶え間なく二人でおしゃべりしている。
8:00 pm 娘、シャワーを浴びる。
9:00 pm 娘、就寝。最近、寝る直前に、母は娘に日本語の本を読み聞かせるようにしている。この後、母はまた好きなことをしている。本を読むか、コンピューターをしているか。
12:00 am 母、就寝。

注: 家事があまり含まれていないのは、していないから。家に洗濯機がないので、洗濯はまとめて週に1回しています・・・彼氏が。
仕事はあまり忙しくないので、残業はほとんどありません。
posted by 7人のママ at 04:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 我が家の一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

我が家の一日 - ちょこ

ちょこ@メリーランドです。

朝、我が家でいちばん早く起きるのは夫です。6時ごろ起きてコーヒーを飲みながら新聞を読んでいるのですが、7時ごろ私と子供達を起こしてくれます。

夫との朝の仕事分担は、だいたいこんな風になっています。
夫の役目:
妻、子供達を起こす。
長男の朝食の準備
次男のおむつを取り替え着替えさせる。
次男が欲しがるときには朝食(ベーグル、シリアルなど)
ゴミの日(金曜日)はゴミ出し
次男をスクールに送る。

私の役目:
長男のお弁当作り(サンドイッチ、フルーツなど)
皆を叱咤激励して早く準備をさせる。
子供の歯磨き
長男をバス停に連れて行く。

夫は朝食は職場近くのデリで食べることが多いらしく、私も職場についてから食べることが多いので朝食はそれぞればらばらです。長男は家で冷凍ワッフルやトーストなど簡単なものを食べますが、次男はスクールで用意してくれているので無理に食べさせなくてもよいのがとても楽です。

長男は着替え歯磨きなどだいたい自分でできるようになったのですが、私が声をあげて「早く早く」と言わないと遊び始めてしまいます。まだ5歳なので仕方ないのでしょうね。朝時間が足りなくなってくると私の方がいらいらしてしまうので、いざというときのためにサンドイッチを冷凍したものを用意しておきます。ピーナッツバターとジャムのサンドイッチとハムサンドの両方持たせます。自然解凍しても普通に食べられるので、時間がない時はいらいらして子供を怒鳴り散らすより、この冷凍のサンドイッチをさっさと持たせるほうがよいのです。(サンドイッチは冷蔵するより冷凍のを自然解凍する方がおいしく食べられると思うのです。)

次男のスクールは7時半から開いているので夫は準備が出来次第次男をスクールに連れて行き出勤しています。8時前に家を出る時もあれば、8時半の時もあります。

私は長男のスクールバスが8時20分頃来るのでバス停で見送ってから出勤します。職場につくのは9時頃です。ただ、月曜と水曜は自宅で仕事をしているので(telecommuting)その日は8時半から仕事を始めます。

私はコンピュータープログラマーなので、基本的には1日コンピューターに向かっています。仕事そのものはとても楽しいので時間がたつのはあっという間です。

出勤するときにはお昼休みに買い物に行ったり、銀行などで用事を済ませたり有効に活用するようにしています。

だいたい4時半には仕事を終わらせるようにして子供達を迎えに行きます。長男を迎えに行ってから次男を迎えに行くというのが理想的なのですが、長男はゲームをしていたり、おもしろい作業の途中だったりすると「もっと遅く来て欲しいのに」と訴えるので(時には涙で)そのときには次男を迎えに行ってまた戻るようにしたりします。

家に着くのは5時半頃です。手を洗って子供達に簡単なおやつの用意をして、私はすぐ夕食の準備にかかります。その間子供達はだいたいビデオを見ています。洗濯物があるときには洗濯機を回し始めます。夕食は6時半を目標にしています。

夕食が終わると子供達は自由に遊んで、私は片付けというパターンです。私のお昼ご飯は残り物を持っていって電子レンジで温めますので、だいたいこのときにつめてしまいます。長男に宿題がある日は片付けを一段落させてから一緒にします。我が家では夕食後はビデオは見ないようにしているのですが、帰宅してすぐはいつも長男がビデオを選んでしまうので、次男が見たいビデオは夕食後、この宿題の時間に見せるようにして調整しています。

フルーツなどを食べさせたあと、8時ごろお風呂の用意をして、2人一度にお風呂に入れます。けんかをしながらも兄弟のお風呂を楽しんでいるようで貴重な時間です。パジャマに着替えさせて、歯を磨いて9時には就寝の準備。本を読んだりして子供をベッドにいれます。長男は昼寝をしないため疲れているのかベッドに入るとすぐ寝てしまいます。2時間昼寝をする次男はななか寝つかず、だいたい私が一緒に横になって眠るのは9時半過ぎです。私も一緒に寝てしまい、11時頃目がさめるというのが多くなっています。

夫が帰ってくる時間は日によってまちまちですが普通の日はだいたい8時から8時半、忙しいと夜中です。子供が寝る前に帰ってくるときは子供達はお祭り騒ぎになりますので寝かせるのは30分ぐらいずれます。

さて子供を寝かしてから余力のあるときは次の日の夕食の下準備をしたり、メールのチェックをして少しだけ自分の時間があります。12時前には寝る用に心がけていますが、やりたいことがたくさんあるので、夜更かしをしてしまいがちですね。

というわけで書いているだけでも疲れを覚えるような1日です。これから習い事や日本語学校の宿題などが加わったらいったいどういうことになるのだろう、と今から不安です。ただ、今2歳の次男がここ2,3ヶ月で随分手がかからなくなってきたので(例えば6時半まで夕食を待つことができる、1人で絵、文字を書いて静かにしている一瞬があるなど)それがせめてもの救いです。

子供の成長に合わせて「我が家の1日」もどんどん変っていくのでしょうね。1年後の「我が家の1日」はどういう風になっているのでしょうか。





posted by 7人のママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。