2005年09月10日

私のストレス - popo

popo@テキサスです。

私のストレス、、このテーマは結構難しかった!こんなテーマになってしまったのでこの数ヶ月ストレスについてちょくちょく考えていました。でも考えがなかなかまとまらなくて。。

色々考えた結果、こういう表現がぴったりくるような気がします。

ストレスはありますか?と聞かれれば答えはYes。
でも
ストレスがたまっていますか?と聞かれれば答えはNo。

ちょっと詳しく説明すると、、その時々に「もぉ〜、いい加減にして!」とストレスを感じることはたまにあります。例えば子供がわけもわからず愚図って泣き止まないだとか、運転中に横から無理やり割り込まれたとか、買い物をして帰ってみたら不良品だったとか、職場でちょっと嫌なことがあっただとか。。でも結構その場限りのものなのですよね。私はあまり引きずらないタイプなので。

ストレスって何か自分の思い通りに行かないことが起こったり、嫌な思いをしたり、という時に起こるものですよね。私は何かうまく行かないことがあれば、いらいらするよりも「ではどうしたらそれが解決されるのか」と考えることに集中するようにしています。いらいらしても何の得もないとわかっているから。

例えば何かに対して「もう耐えられない!」と感じることがあったとします。その時には「ではそれをやめたいのか?」と自分に問いかけます。育児に置き換えると子供が愚図ったり言うことを聞かなくていらいらする時、、ばかげているかもしれませんがその時は自分に「ではもう育児をやめたいのか?」と問いかけてみるのです(この時問うのはあくまでも「やめたいのかどうか」で、「実際にやめられるかどうか?」と考えてはダメです)。私の場合、もちろん答えは「NO」に決まっています。子供はかわいくて仕方がないし育児みたいに楽しいものをやめたいと思うわけがない!「自分は育児を続けたいし、やめるつもりもない」、まずそれがわかると気持ちが落ち着くのです。

仕事で嫌なことがあったとします。その時にもやっぱり自分に「では仕事をやめたいか?」と問いかけます。そうすると「仕事を辞めたら収入が減る→もう家族で旅行をする余裕もなくなる、子供をプリスクールにおくるのも大変になる、新しい家だってあきらめなくちゃいけないかも、401K等のベネフィットもなくなる、それに一日家にいて子供とべったりの生活は自分に向いているのかわからない、、」など色々考えますよね。そうすると「やっぱり辞めたくない。ではがんばるしかない。」という結論になります。そうしたら仕事の何がストレスになっているのかをじっくりと考え、それを改善するにはどうしたらいいかを建設的に考えることに集中します。もちろん、、、仕事がもうどうしてもどうしても嫌で、辞めた時のデメリットを色々考えてもそれでも辞めたい!と思ったときはきっぱり辞めればいいし、それはいつでも出来る決断だと思うのです。経済的にどう考えても辞められない場合には転職活動を始めるでしょう。

「辞めたくない」ということがわかれば、あとは状況を改善するにはどうしたらいいのかを考え、一つ一つ克服していく、、そうしているうちにたいてい問題は解決します。そしてその時に「うまくいかなかったらどうしよう」とかそういう心配はしないようにします。心配しても何も状況はかわらないし心配するだけ無駄!私は無駄がとっ〜ても嫌いなのです。(笑)心配している暇があれば状況改善のための小さなステップをひとつでも取ったほうがよい。。そう思うようにしています。

例えば、「育児はやめられないけれどどうしてもストレスがたまっていて爆発しそう!」そう思ったとしたら(私の場合仕事をしていて子供と過ごす時間が少ないのでそういうことはあまりないのですが、、)何が自分のストレス発散になるのかを考えてみます。例えば「一日子供を預けてスパに行き、のんびりマッサージを受ける」、「一人で一日のんびり買い物に出かける。」、「女友達と飲みに出かけてパーっと騒ぐ。」、「夫と二人だけで映画を見てのんびりディナーを食べる。」、「一人旅に出かける。」などなど、、そんなことは出来ない、無理だ、と考える前に可能だとしたら何がしたいかを考えるといいと思うのです。実際に不可能なことなんてほんとはほとんどない、私はそう思います。たいていの場合「出来ない」と思い込んでいるだけ。例えば子供を預けて一人で旅行に行ったりしたらそのことを非難する人が回りに現れるかもしれません。「そうそう、だからできないのよね、、」なんて考えず、そんなの気にしなければいいの!(笑)両親やご主人など家族に預かってくれる人がいるなら自分の状況を説明して預かってもらえばいいし、それがダメなら24時間のデイケアだってあります。周りの目を気にしてそれがストレスになるとしたらそれこそほんとに馬鹿らしいことだと思うのです。少し育児からお休みをもらってストレスを発散してそれでよいママとして子供に接することが出来るようになるのなら、すべてを我慢して溜め込んで追い詰められて子供を虐待してしまう、、なんてことになるよりもよっぽどよいに決まっているのですから。

昔大家族で暮らすのが当たり前だった時には子供はちょっとおばあちゃんにみてもらって自分は家事をしたり家の仕事をしたりする、という時間が絶対にあったと思うのです。忙しくしていたとはいえ、「一人の時間」というものがあったのですよね。それが現代の核家族社会ではママは24時間子供とべったり。いつも子供の都合に合わせて動き、自分の意思で活動することがほとんどできません。これが24時間、365日続けば息詰まらないほうがおかしいと思うのです。たまには子供と離れて一人の時間を持つことはとても大切だと思うし、それを責める権利なんて誰にもないと思います。

私の場合、ちょっとストレスがたまり気味かな、と感じたら少し奮発していい香りのバスグッズを買ってゆっくりシャワーを浴びるとか、一人でのんびりモールに買い物に行くとか、、たいていそれくらいですっきりしてしまいます。あとバケーションの計画を立ててそれを楽しみに待つ時間もよいですね。そういう楽しみがあると張りが出ます。

でもそれで解決できないようなら、、一日高級スパで過ごしてくるとかしてみたいな〜。

、、となんだか内容が「私のストレス」というテーマからはかなり外れてしまった気がしますが、、あまりストレスがない私なのでこんな結果になってしまいました。(笑)

でも私にストレスがないからといって「popoさんの人生はすべてうまく行っているのね〜」なんて思うのは大誤解ですよ〜っ!実は去年、おととしはかなり仕事で行き詰っていて悲しい思いをしたりもしました。でもやっぱり今の仕事を辞めたくない自分がいたので、その時の自分に何が出来るかということに集中するようにして一歩一歩がんばってきた結果、最近ようやくそれが実になりつつあるかな、という気がしています。「改善するためには今何が出来るか」ということに集中していれば、「辛い、悲しい」という感情に押し流されなくて済みます。そうして目の前にあることに集中するようにして進んでいけばある時ふと気がつくとものすごーく遠くまで歩いてきた自分に気がつくものだと思うのです。

山の頂上は遠くても、上を見て「あんなところまで登れるはずはない、、」と絶望するのではなく、「今日は一歩だけなら歩ける。」「今日は5歩くらい歩けるな。」と今出来ることをこなしていけば、時間はかかっても気がついたときには頂上はすぐそこに!ということになりますよね。そういうものではないかなと思うのです。間違ってもその場でじーっと助けを待ち、いつまでたっても助けに来てくれない誰かを責めていてはいけません。(笑)何でも人のせいにしたり、人に頼ったりするとそれが大きなストレスとなって自分に戻ってくることが多のではないでしょうか。すべて自分の責任、自分が何とかしなくては、と考えて行動したほうが結果的に絶対に自分のプラスになると思うのです。なーんて私も相手が家族だとつい甘えて相手の責任にしたくなったりするのですけれどね。

少しのストレスは人生には絶対に必要なものだそうです。ストレスがまったくない状態になれば逆にそれがストレスになるそうで、、難しいですねぇ。でもストレスが必要だという論理はとてもよくわかります。大変なことがあるからこそそれを解決できた時の満足感が味わえるし、また楽しいことがより楽しく感じられるのだと思うのです。だからストレスとはうまーくお付き合いしていきたいものですね。
posted by 7人のママ at 02:47| Comment(18) | TrackBack(0) | 私のストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

私のストレス - 彩乃

彩乃@シカゴです。

私のストレス….う〜んなんだろう。
私は基本的に打ち上げ花火的な性格で、ぐわぁ〜っと頭にきて怒りますが大体それで終わっちゃいます。
一晩寝たり美味しい物を食べればそこで終了、あんまり後を引く事がありません。
だからストレスが溜まらない性格といえばその通りかもしれません。
元々はもっと根に持つ性格だったのですが、夫と知り合ってから段々性格が変わってきたような気がします。
ウチの夫は根っからストレスが溜まらないタイプ。ある意味自分勝手な人ですが、自分以外の人や社会に対し全く期待をしていないので、自分以外の何かによって嫌な思いをするということが全く無いのです。
例えば常識知らずな人が居て周りが迷惑をこうむっていても、ウチの夫だけは「まあそういう人も居るでしょう」と涼しい顔、全然気にならないのです。
ゴルフをやる人だったらわかって頂けると思いますが、あれってただでさえすごくストレスフルなスポーツです。大体4人一組でやるのですが、中に1人でもマナーの悪い人とか教えたがりの人が居たりすると、もうそれだけで嫌になっちゃいます。
そんな時のウチの夫だけはへっちゃら。ペースを乱される事がありません。
全く羨ましい性格です。
私といえば正反対で、なんだかいつも社会や人に対して怒ってばかりで、ぶちぶち文句を言う性格でした。常識の無い人や世の中の不条理に対して本気で頭に来ちゃうのです。
当然の事ながら、いつも私がぶつぶつ文句を言っていて夫が聞いているというパターンなのですが、ある時「君は良くそんなに怒る事があるねぇ。エネルギーが有り余っているんだね。そういう人はそのエネルギーを世のために使ったほうが良いよ」と言われました。
これが嫌味っぽく言われたのなら家庭内戦争が勃発ですが、この時は本当に感心したように言われちゃったんですね。だから、私は「こんなに真剣に頭に来ているのに、端からはこういう風に見えているのね」と思ってなんか怒るのがバカバカしくなって、それからはあんまり「いつも怒っている」という状態ではなくなってきたような気がします。

また夫のお陰で自分を含め人は完璧ではないという事を学びました。これもストレスが溜まらない今の状況にかなり役立っていると思います。
以前は常識の無い事をする人や無神経な発言をする人が大嫌いで、どんなに良い人でもそういう面が見える度に何となくその人が嫌いになって距離を置く、という感じでしたが、夫は私がちょっとこの人は…という人でも普通に付き合っています。嫌にならないのか聞くと「まあ自分も完璧じゃないし、誰だって1つや2つ嫌な所はあるよ」とさらっと言います。
確かに自分だって完璧じゃないので、他の人からみたら嫌な面は沢山あるでしょう。でも私は本当に気の合う少人数の人とだけ付き合いたいタイプで、「私の事嫌いだったら寄ってきてくれなくて結構」とか思ってしまいます。でもそれって夫に言わせると「自分の世界を狭めている」のだそうです。これに100%同意はできません。(私は、世界は浅く広げるよりも深く掘り下げる方が意味があると思うので)でも「こういう考え方もあるんだな」とそれからは苦手な人との付き合い(というか距離のとり方)がそれなりに上手くなりました。

そんな感じでストレスがたまらない今日この頃ですが、まあ子供に対しては一日に一回は怒鳴って居る気がします(苦笑)特に最近は娘1@4歳が何か注意すると「That’s OK」とか言いやがるので怒り3倍満です。また娘1は夫に似たのか非常〜にマイペースな子供で、全くタイムアウトが効きません。タイムアウトの椅子に座らせても、全く苦にならないみたいで、平気で一人で30分ぐらいは座っています(空想の世界で遊んでいるらしい)。
この間は椅子の代わりにクローゼットに閉じ込めましたが、そしたら中で寝てました…..とほほ
そんな訳でこわ〜い顔でダメなものはダメ!と教えないといけないので、こちらもストレスが溜まります。
娘2@2歳はまさにTerrible2の真っ只中!私が私が、と自分が世界の中心状態なので、これまた大変です。最近では「本読んで〜」と来て「洗濯物畳み終わったらね」と返すと「No!Now!」といきなり私の手から洗濯物を取り上げて、本を握らせてくれます(苦笑)
まあ余裕があるときは「あらあらそんなにママに本を読んでもらいたいのね♪」で終わりますが、忙しい時は「じゃあアンタが後で洗濯物畳んでくれるのか!?え!?」と言いたくなります。
我ながら大人気ないなぁと思うのですが、もう一杯一杯の時って余裕が無くて、ダメなんですよねぇ。夫が居れば上手い事バランスが取れるのですが、ウチの夫は遠洋漁業でマグロを釣りに行っている….というのは嘘ですが、忙しい時期は平気で2ヶ月ぐらいは出張で留守になる仕事をしているので、そういう時は忙しくてもうひぃひぃです。
平日は大体のスケジュールを決めて、それに従ってルーティーンで行動するのが好きな私には、正直な所この全く計画性の無い子供達の相手というのは結構ストレスフルです….はい。
私の「分析型」な性格も良くないんですよね、きっと。私は頭にくることがあると「何でこんなに頭に来るのか?」と無意識に分析しちゃうみたいで、分析している途中で余計に頭にくるという….(笑)子供の行動なんて分析不可能なんですけどね。無意識に頭にきたことを頭の中で繰り返し考えちゃうので、余計頭に来るんだと思います。

私は常日頃から、子供は「預かり物」だと思っています。18年なり20年なり預かって育てて、楽しい事も嬉しい事も沢山!でも自分が成長しなくてはならない事、学ばなくてはならない事も沢山あって、それが身に付いた頃子供達は巣立っていきます。だから家族の基本単位は「親子」じゃなくて「夫婦」だと思っています。
だから子供達とはこの限られた時間を楽しく一緒に過ごしたい…と寝顔を見ていると思うのですが、起きてきてぎゃーぎゃーやられると、(-.-メ)凸…..となってしまいます。
本当に「育児」とは「育自」ですねぇ。

夫のような人間になりたいとは思いませんが、あの自分勝手さの30%ぐらい見習って、ストレスの無い穏やかなママになるのも悪くないかなと思う今日この頃です(笑)
posted by 7人のママ at 01:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 私のストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

私のストレス - 桜子

桜子@バンコクです。

ストレス。仕事ではあまりない。いい待遇を受けてて、いろいろ任せてもらっている環境にいるから。力不足と感じる事は多々あるけど、自己啓発中の身だから、マイペースにやっていこうって前向きに考えてるし。

家庭では、料理に掃除、洗濯にアイロン掛け、お金の使い道にもうるさくない彼だから、のほほんと時間とお金を使っちゃう。気がつけば、ほこりもたっぷり、洗濯物や洗い物、出費もどっさり!!?? そんな居心地が良い環境にいるものだから、【整理整頓】【有効な時間の使い方】【家計簿】なんて一般家庭では頻繁に使われる(べき)言葉が、死語になってる。‘素敵な女性に’と同時に‘良き妻・良き母でもありたい’と贅沢な理想を掲げる割りには、この現実とのギャップは、ちょっと悩むべきところかも。akoが出来てからは、美味しい日本の家庭料理を食べさせたくて、毎日料理本とにらめっこ。でもタイって、少人数の場合、素材買ってきて家で作って食べるより、屋台でさっさと買ってしまった方が時間もお金も節約できるんだよね。「今日何食べる?」と彼、「ご飯は炊いてあるから、じゃぁ、親子丼は?」と私、「今日、昼に卵食べちゃったから、ガイヤーン(焼き鳥)、ソムタム(パパイヤサラダ)、もち米でも買って帰ろうよ。」と彼。こんな風に甘やかされている私の料理の腕は、磨かれなるわけがない。理想への道は、険しくて遠い。これはある意味、ストレスかも。

子育てもお蔭様でストレスにはなってない。まだ一人目だし、日中働いているから一緒に居れる時はかまってあげたいし。

そうそう、日常感じる小さいイライラにはこんなのがあった:
○タイ語を読むのに時間がかかる為、山積みになっている郵便物の仕分けが面倒な時。
○気づくと台所やテーブルの下に蟻が行進している時。
○手書きしている際、書きたい漢字がサッと出てこない時。
○簡単なタイ語が通じなかった時。
○朝、会社のビルのエレベーターがなかなか降りてこない時。
○朝、交差点で自分の待っている信号が、警察官の信号操作により順番を無視され一向に【青】に変わらない時。
○デパートのレジに従業員が4-5人も屯しているのに、会計処理に時間がかかっている時。
○ほんの些細な事に機嫌を悪くし、無関係な彼に八つ当たりをしている自分に対して。

と、イライラも溜まればストレスとなる。凡人故に‘無’の境地に至るのは無理だから、いかにイライラを溜めずに生きていくかが鍵。

真面目に、ストレスって悩みからくるもの。ご覧の通り、私って結構悩まない性質。(それが悩みではあるけど。)実は悩みがある人って物事をきちんと追求してるって事。一旦立ち止まり、それについて真剣に考え、その打開策を捻り出していくという一連の過程で、物事を深く掘り下げて理解しているんだと思う。そーいう実のある悩みとうまく付き合いながら、些細なイライラに翻弄される事無くストレスを回避して、【器】の大きな人間になりたいと常々思う桜子でした。
posted by 7人のママ at 13:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 私のストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

私のストレス−モチ

ワタシはウェブサイトで日記を始めた頃から、愚痴を日記で吐き出すことが多くなりました。それが自然とストレス解消に繋がっていたと思います。しかし、ウェブサイトの運営を通して、色々と嫌なことを見たり聞いたりしたので、自分自身の内面をウェブサイトで必要以上に吐露することは抑えるようになりました。

というわけで、最近はBF(5年近く一緒に住んでいる彼氏ですが、ここまで付き合いが長いと性別を超えた家族になっています)に愚痴を聞いてもらうことが多いですね。可哀想なBF・・・。でも、それが現在では自分の一番にして唯一のストレス解消となっています。

しかし、もともと大雑把で物事にこだわらず、嫌なことも寝れば次の日に忘れてしまうようなお手軽な性格をしているので、ヒトサマと比べてストレスそのものを溜めないようです。

逆に、自分がそういう気にしない性格であるが故に(またの名を「無神経」と言う)、知らない内に自分の周りの人間にストレスを与えてしまうことがあるみたいなので(被害者: 娘とBFと母親)、そちらの方が深刻な悩みかもしれません。

と、ここで終わってしまってもなんなので、自分なりに考えた究極のストレス解消法を挙げてみますが、やはり環境を味方につけることに尽きると思います。自分で可能な限り、住みやすい環境(仕事や人間関係)を作り上げるのです。

ストレスを溜めるような職場や人間関係を続けていたら、そういうストレスを多かれ少なかれ家に持ち帰ることになり、結局、自分の家族にも悪い影響を与えます。長期的にそういう影響を家族に与えるよりは、そういうストレスの元凶をスパッと断ち切り、平和な環境を作ることを心がけるというわけです。自分がストレスフリーで幸せであれば、家族もやはり幸せを感じる可能性が高くなると思うのですが、どうでしょうか。

ストレスを感じるほどの我慢は美徳だとは思いません。我慢の限界が誰よりも低いワタシが言っても説得力がありませんし、何処までを我慢と感じるか、また我慢を感じないで頑張ってしまうかは、持って生まれた性格によってだいぶ異なると思いますので、一言でこうしろああしろと言えないため、難しい問題ではありますが。
posted by 7人のママ at 06:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 私のストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

私のストレス - ちょこ

ちょこ@メリーランドです。

私の場合幸いなことに職場では人間関係もうまくいっているし、仕事そのものはとても楽しいのでこのプログラマーの仕事を始めて7年、仕事にまつわるストレスは特に感じたことはないように思います。(以前にTVの仕事をしていた時にはストレスばっかりでしたが。)
そんな私のストレスの主な原因は子供達の喧嘩と日常的な夫の不在でしょうか。


ちょこのストレスの続きを読む
posted by 7人のママ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 私のストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。